<小さなお花の布ブローチ>の作り方

ママンのお友達のいっちゃんから戴いた小さなお花のブローチ。
とっても気に入って、時々胸につけて行きますと、皆さんすてきっとおっしゃいます。

ブログのK子さんからのご希望にお答えして、簡単に作り方を載せて見たいと思いまsu.


分かりやすいように、白い布を見える糸で縫っております。
皆さんが作るときは、布は<縮緬や藍・更紗・プリント>など、布としてだけ見ても素敵な物をなるべく使いましょう。

裁ち切りとは、縫い代をつけないということです。
必ず型紙を取ることというのは、適当にやると、形のバランスが悪くなるからです。
今回の見本は、少々硬い帯芯で作っておりますので、ふっくら感がありませんが、絹物などは、もっとふっくらして見えます。出来がご不満の時は、幅をもう5ミリくらい大きくしてもいいでしょう。

画像

画像

画像


軸糸に使うものは、太さは1ミリくらいの<飾り紐や江戸組み紐・アジアン・ビーズ紐>を使いましょう、手芸店で売っておりますので、色目をあわせて買います。虹色の紐も売っていますので、何の色にも合いますので、これも重宝します。
画像



ここまで縫ったら、軸紐を通します。方向を間違わないでください。
軸糸はまだきちっと引っぱらなくていいのです。
縫い糸を引っぱり、両方の糸をしっかり絞り、しわが平等に寄るようにして、糸をぐるぐる3回くらい巻いて、縛り、糸を切ります。

画像

縛った方の反対側を1センチ外に折り返して置きます・・・写真取り忘れましたので、最後の方のもう一個の作り方の写真を参考にしてください。
画像


縛ったところが中に入るように、全部ひっくり返し、軸糸もしっかり引きます。

画像


きれいに1センチも中に折られています。

画像


入り口を4等分にして、針目が外から見えないように、くける様な要領で、ひと目ずつすくっていきながら花びらのようにし、こぶは中に隠します。

画像


反対側にも同じ要領でもう一個作り、軸糸を引きます。

画像


画像

花びらのようにしたら、出来上がりです。

このようにして、4本作ります。お花は計8個。
紐の長さは、真ん中で組み立てるときに右や左に長さを調節して変化をつけます。
留め金は真ん中に小さな穴があいているものを使うって縫うとずれません。
幅が1センチになるように、布を切ってたたんで留め金に片側を縫ってから出来たものをまとめて束ねてしっかりまつります。

画像


途中から写真だけの説明ににしてしまい、しかもかなりピンボケで、分かりづらかったと思いますが・・・お困りの点はコメントをお入れくださいね。

下の写真はママンが作った絹の袋物です。
紐の先に、今回と同じ作り方のぼんぼりがついていますが、これの中には、綿が入っていますので、ぷっくりとかわいいですね

画像


画像

"<小さなお花の布ブローチ>の作り方" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント