7月の<月山>へ ・・・その1  空と雲と風と・・・雪渓   ( 風景編 )

7月連休のなか日、日曜日はダディと二人で月山へ行って来ました。
昨年は8月でした。大変良いお天気に恵まれ、沢山の高山植物を見ることが出来ましたが・・・
残念ながら月山山頂までは行くことができませんでした。
体力と、靴を急に買って履いて行ったことで、足が疲れて歩くのがやっとでした。


昨年のコースを見てみますと、ほんとに<月山の一番いいところをちょこっと行って来ました>程度のものなのに、あんなに大変だったのは情けなかったですねぇ~~

だからといって、今年は十分に鍛えたわけでもなければ、登山経験もほとんどなしの二人ですから、慎重に、ゆっくりと、高山植物を楽しみながら、一日がかりで山頂神社までを目指して見ることにしました。
画像


昨年は月山ペアリフト上駅から登りコースで姥が岳~金姥~~牛首へ行きましたが、今回は上駅からほぼ下りながら雪渓を登り牛首へ出ました。
牛首から山頂月山神社を目指して・・・
帰りは同じコースで帰りました。往復6キロばかりのコース、約16500歩・・・なのに、エネルギーはほぼ完売状態でした。

空は藍色に青く、上空には雲ひとつ無い、すばらしいお天気です。
休日で沢山の人が登っています。
振り返れば連山が美しく見えます。

画像


まず残雪の多いことに驚きました。
昨年の8月はほんの数箇所小さなものしかなかったのに、今回はいたるところに大きな雪渓があり、夏スキーをしているグループ、強化練習風の学生達の姿が見られました。

画像

画像



雪渓の近くはまだ春の様相で、チングルマ・イワイチョウ・ショウジョウバカマ・イワカガミなどの花が足元に咲き乱れほんとうにかわいい。
お花は・・・パート2で御紹介します。

画像

雪渓を踏みしめて登るとかなたにはニッコウキスゲが群生して咲いています。

画像



空と雲と雪渓と・・・なんて美しいのでしょう~~

画像


しかしこの先はすばらしい急な道。岩また岩、の連続・・・足が上がらなくなってきました。
ジーンズをはいて行ったママンが馬鹿でした。経験の無さが、悲しい~^^
汗をすったジーンズは重く足にへばりつくのです^_^;。
画像


途中何度も休んでは花を写しながら・・・やっとやっと山頂の月山神社に着きました。

画像


画像


神社にお参りしている頃から急に霧が立ちこめあたりは真っ白に何にも見えなくなってしまいました。
しかし、少しの間にまた霧は上がり始めました。
山頂で昼食・・・
お握りや500円で買った水の美味しいこと!らっきょうをもって行ったのですが、これがものすごく美味しかった!!

画像

さ~30分ほど休憩して今度は下ります。
かなりの急勾配で石だらけなので、杖がほんとに役に立ちますね!!
途中、足が痛くならないように、こまめに休憩しながら、のぼりでは楽しめなかった景色を堪能しました。


画像

画像

画像

霧と雪渓から上がる水蒸気と光が極上の風景を見せてくれます。
画像


帰路の雪渓は上が溶け出して下るのが大変で、なんどか転びました。
画像


雄大な景色!!に魅了されながら、なんとか無事下山しました。
朝7:00出発・・・・帰宅したのが午後7:00でした。


                               < 続く >



             昨年8月の月山はこちら 











"7月の<月山>へ ・・・その1  空と雲と風と・・・雪渓   ( 風景編 )" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント