<最上義光没後400年>歴史館見学会・・・美術館前は紅葉 

画像

画像


今年は<最上義光没後400年>
天文15年生まれ、慶長19年(1614年)69歳で亡くなっております。

ママンは歴史にはあまり関心がありません(^_^;)
山形ではこの人でしょう~~っと言うくらいの認識しかありませんので、今回は興味深くお耳をダンボにして聞き入ってまいりました~~(~_~;)

画像


説明なさったのは最上義光歴史館サポーターのA氏・・・(ママン達と同じOBでもあります。)
義光の系図から今日までの山形の変遷を2時間にわたって会場内を回りながら話してくださいました。

関ヶ原の合戦では徳川に味方し、上杉軍を退け57万石の大大名になり・・・・山形の産業文化治水にいたるまで山形の礎を構築した・・・・・
その後の紆余曲折家督相続騒動などなど、ついには5万石にまで・・・・


右の耳からきて左の耳を素通りしていってしまうのですが・・・・すばらしい講議をきくことができたなぁっと思いました。

最後に興味深く拝見したのは、現在の馬見ヶ崎川は昔は暴れ川で義光のころに流れを変える大治水工事がなされたことで、もっと霞城公園の近くを流れていたことを地図上に重ねてパネルにしてあること。

ママんちのあるところが昔は三の丸であること。

今年は小学校4年生を対象に義光☆スクールを開き670人に学習する機会を作ったそうです。

いやあ、大変ためになりました。
山形弁たっぷりな説明で飽きる暇もなく、あっという間に終わりました。

聞いている間にも4~5組のグループがおとづれ、歴史館も時々きてみなくっては~~っと思いました。
今までにも何度か来てはおりますが、ぼんやりみているだけでなく、こうしてボランティアの説明が入るとよくわかっていいものですね。
山形へおいでの節はぜひお立ち寄りくださいませ。
霞城公園大手門前、入場無料・休館日は月曜日です。

さ~歴史館は山形美術館と地続きです。車も美術館の駐車場に入れてあります。
美術館前の広場はもはや美しい紅葉です。

画像

画像

落葉舞う庭ではちかくの小学生でしょうか、落葉を拾い集めています。
その拾い方からして、きっと、美術的なことにつかうのではないかしら~~ っと思いました、いいなぁ~~。
画像

画像




"<最上義光没後400年>歴史館見学会・・・美術館前は紅葉 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント