<刺し子とパッチワーク展>&  東京国際キルトフェスティバル一次落選 & 山形市民美術展

今月は次から次へと芸術の秋で、様々な作品展が続きます。
水曜日はNHKYYギャラリーでやはり古布で長年パッチワークをなさっているグループの<刺し子・パッチワーク>展がありました。
画像


午後3時くらいからお友達のいっちゃんとふたりで一つ一つゆっくり拝見してきました。
古布のパッチワークとたくさんの小物が展示され、ママンたち以上に長くパッチワークをなさっている方の作品も何点かあり、見ごたえがありました。
パッチワークは基本的に丸四角三角の布の縫い合わせでできていますから、それをどう連続させるかで、組合せは無限ですよねぇ~~っという主催者のYさんのお話は成る程長い経験から生まれる言葉だなぁっと感心しました。
どう連続させるか~~う~~ん、次回作で今混沌としているママンの頭にど~~んとしみいる言葉でした。

帰ってきたらあのお手紙が待っていました。
東京国際キルトフェスティバル、一次審査のお知らせです。
残念ながら選にもれましたですって!! <まちのあかり>
本当に残念です。写真審査で却下されてしまいましたぅぅぅ~~~(^_^;)
せめて見てほしかったなぁ~~見てから落選にしてほしかったなぁ・・・・・

なんて負け惜しみの強いママンでしょう・・・・・・か。

さ~さ~そして、今日25日から30日まで、<第46回山形市民美術展>が開かれています。
ママンの昨年制作の パッチワーク<曙光>が「奨励賞」に決まりましたのでお知らせいたしますって先程お電話いただきました。
ま~うれしゅうございますことです(*^。^*)

画像


そしてそして、今日午後からは寒河江ふるさと公園で開かれているお友達のパッチワーク展へまたまたいっちゃんと行って来ま~~す。
ランチを食べてから。




画像


秋の小菊が咲きました。葡萄のつるの小さな篭にさしてみました。




"<刺し子とパッチワーク展>&  東京国際キルトフェスティバル一次落選 & 山形市民美術展" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント