行ってきました東京国際キルトフェスティバル・・・その3  柴又帝釈天   

さ~~次の日、遅い朝食をいただき、チェックアウトしたのは10時過ぎ。
なんとかママンの調子も上がってきましたので、荷物を全部送ってしまい、軽くなったバッグを背負って出かけましょう。

今回は「はとバス」に乗らずに柴又帝釈天に行きます。
上野から京成線、柴又駅下車。
いやあ~~、この時点で、ほとんど観光客がおりません。
参道も境内も。
今、寅さんの映画が上映され、人気も一番かと思って居ましたが・・・。
ここでも「コロナウイルス」関係か、外国客はおろか、日本人もほぼ居ません。
東京での観光で、ここまで人の居ないところは見たことがありません。
DSC_0303.jpg

題経寺の彫刻が素晴らしい。

DSC_0285.jpg

𨗉渓園も素晴らしい。
DSC_0299.jpg
拝観料400円がかかります。

あまり広くないところですが、中まで入ってみてよかったねぇ~~。
参道で、お土産を色々見たりしながら、上野へまた戻りました。
そのまま東京駅へ行き、昼食兼夕食をと思いましたが、お目当ての前に行ったことがある 「きって」のお寿司屋さんが夕方5時からと言うこともあって、駅の有名なお寿司屋さんで折り弁を買い、駅でまたお土産屋さんを回ったりして時間を待ちました。
本当は駅近郊で、美術館に行く予定も立てていたのですが・・・。
皆さん、ママンの体調を考えてくれたのかもしれません。
新幹線に乗るやいなや、ママンは完熟熟睡してしまい、山形までほとんど寝てしまいました・・・(~_~;)

いやあ~~、本当に申し訳ない東京行きとなってしまいました。

"行ってきました東京国際キルトフェスティバル・・・その3  柴又帝釈天   " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント