秋色の庭にて

朝からお客様が三組も来て午前中に皆帰って・・・
A町のくーちゃんが今日も又沢山の菊の花や秋野菜を持ってきてくれた。
歯医者さんへ行くので小一時間ばかり・・・この間の文化祭のお話など・・・
さっそく玄関に花を生けました。
画像

ありがとう、こんなに沢山の花、仏様にもたっぷり上げました。

お見送りに玄関で・・・お庭もすっかり秋ねえ・・
そうねえ~
画像

二三日前のあの強風がうそのような穏やかな日のひかりを浴びている。
沢山の被害がでてひどかったわねえ・・・
画像

ブルーベリーの紅葉も今がさかり・・・
我が家の紅葉も今が一番いい時で・・・これ以上は無理かもね。
フンタンはまだぽつぽつ実を付けるワイルドストロベリーを摘んでは食べている。
まだ花が沢山付いているので雪が降るまで実を付けてくれるだろう。
画像


おだやかなひるさがり・・・・・まもなくトッティも帰る頃だわ・・・・

画像

                  がまずみ  菊 葡萄つる籠

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月09日 19:26
菊の花が盛りだくさんですね。秋の空気がただよいます。
がまずみの葉も紅葉ですね。葡萄の蔓篭がいいです。
2006年11月09日 20:00
菊の花がたくさん。
長持ちするので、いつまでも楽しめますね♪
葡萄つる籠は手作りですか?
ぽんた
2006年11月09日 20:42
今日は本当にいいお天気でした。フンタン君のおてて、可愛いですねぇ。
明日もこのお天気が続いてくれるといいのですが。
もーちゃん
2006年11月09日 23:24
 富山も今日は良い天気でした。明日からはまた雨が降りそう。
めまぐるしく気候が変わるので、なっちゃん(娘)にどんな服わ着させておけばよいのやら・・・。
2006年11月10日 00:09
生け花も立派で映えてますね。お花を持ってきてくださる心使いがありがたいですね。以前に話されてたブルーベリーの色づきが見事です。
フンタンくんの「しゃんしゃい」三歳の響きが愛らしく抱きしめたいです。
nobara
2006年11月10日 18:27
生花をたっぷり活けるのっていいですよね~
そんなに無いので一輪挿しになっちゃいますが(笑
せづのお花がたっぷりで嬉しい装いでしたね。
私の所もK公園の辺りはたっぷりの地の花が@100で
買えたりするんですよ。く~ちゃんのお花がいいです。
我が家もブルーベリーが2回ベランダから下を覗いたら
紅葉してきて綺麗でした。ワイルドストロベリーもちっちゃいけど
フンタンなら丁度お手頃?なんでしょうね~~
ガマズミの葉っぱってオヤ?って思うほどに大きいですよね。
素敵な秋色のお庭。ご馳走様でした。
2006年11月11日 23:29
森の生活さん
がまずみの紅葉も我が家の貴重なものですが、ほとんど落ちてしまいました。
2006年11月11日 23:33
湖のほとりから・・・さん
小さな籠はいつものA町のくーちゃんの近くのおじいちゃんの作品です。
高さ5センチくらいですから中にペットボトルの切ったものが入っています。
2006年11月11日 23:36
ぽんたさん
いいお天気・・続きませんね。
これからは寒くなりそうですね。
フンタンはいちごを探すのがすごく好きです。外に出たら必ず。
2006年11月11日 23:40
もーちゃん
なっちゃんに・・・ママンちのママも毎朝トッティに何着せてやったらいいかなあって悩んでいます。
こう気候がめまぐるしいと大変・・・健康のことを考えるとね。
2006年11月11日 23:44
ハナコさん
ありがとうございます。
玄関にお花があるとうれしいですよね。よく持って来て下さるので本当に感謝です。
フンタンはいつまでも子供っぽくママンのほうで扱ってしまいがちです。
なかなかお口が回らない分かわいいです。
2006年11月11日 23:53
nobaraさん
種類が沢山なのでびっくりします。
生花の手入れは夏などはいやになる時もありますが、生け直ししたあとの気持ちよさもいいです。
フンタンはストロベリーは自分のものと思っている節があります。
はちを仕舞い込むまで食べています。
秋の色って本当にいいですね。小さなお庭ですが大切な空間です。
ブルーベリーは今が最高ですが王様というわけにはいかないようです・・・今年の我が家のは。
2006年11月14日 21:52
わざわざご訪問ありがとうございました。
何時拝見しても、朝日がさんさんと降りそそいでいるような雰囲気が魅力のブログですね。溌剌としていらっしゃる人生そのものなのでしょうね。

この記事へのトラックバック