干し柿その後・・・ビーズその後

.
align="center">画像


実家から送られて来た生柿を干し柿にしたのはこの間・・・11月14日。ちょうど一月になる。
ほどよく干しあがり甘味充分、白い粉がふきはじめたら、トッティとフンタンは、味見と称して一つ二つ食べ始めました。
どりゃどりゃ、ばあちゃんも・・おっつ、んまいねえ、しぶくなあ~い。

いつのまにか小鳥さんに5個くらい食べられているよ!
もう家にいれて置こうよ。
時間が作ってくれる恵み・・・に感謝。

そういえばひいじいは柿が大好きなんだよなあ・・・特に熟しきってとろっとしたのが。
土曜日少し持って行って上げよう、今なら柔らかくて食べられるかもしれないなあ・・・
この頃は食欲も大分あるけれど・・・
なかなか回復とはいかない。

時間と言えば、月いちで、いっちゃんと二人で行っている・佐古たかこ・ビーズ織り教室・NHKセンター・・・
あっという間に半年経ちました。
たぶん続かないと思っていたのだけれど・・・

<作品の一部です。
一ミリくらいのビーズの穴に縦糸を張った織機に裏を通って一度表を通って二度めと二回通って織っていきます。
もう少し続けるように昨日手続きしてきました。
織機とネックレスやブローチ、ペンダントなど。
一番手前と織機に付けている物はおなじです。
パターンが同じでもいろの変化でかなり雰囲気が違います。

写真がうまく貼り付けできなかった・・・。
再編集でもう一回やってみました・・・お恥ずかしい・・・けど
画像

この記事へのコメント

nobara
2006年12月14日 12:30
はぁ゙~~これぐらいが一番おいしいですよねぇ~~~
 味見したいでがんすuuuーーーー
 干し柿もですがお安くなった大根を割り干しにして
 煮物に使ったら、うンもぉーーーこれが最高。
 また、無人のスタンドにいって2本を拵えました。
 ビーズ織り、凄いですね。私も西洋機織を扱った事が。
 それと紬でテーブルセンター織ったりしました。
 つづれ織りの手織り機はnoba旦お手製です。
 この頃、ゆっくりとそれらの事をする気力が無くなって(-_-;)
 ママン。いっちゃんと色々お楽しみですね~~~
 一分も良かったんですってね~~いがった事ぉぉぉお♪

 1枚目
下のは
2006年12月14日 13:41
おいしそうな干し柿ですね。鳥さんまでお相伴でしたか。
こまかい仕事を根気よくされますね。少しずつ続けることがコツでしょうか。立派なものです。
2006年12月14日 16:40
干し柿、とても美味しそうです。この間スーパーで1個198円でした。ビーズの織物、すごく細かい作業なのですね。私もビーズでアクセサリーを作っていたことがあるのですが、もっと簡単に手軽にできるものを作っていました。そのうちに飽きて、今では箱の中で材料が眠っています(笑)♪
2006年12月15日 15:03
nobaraさん
いつもありがとう。
同じ失敗を何度も繰り返しています。
画像貼り付けの時にカーソルの位置を確かめずにやってしまいますと、最初の位置に来ちゃったりしてそれをコピーしたり消したりしているうちにこうなったり、ナンバー違いのを貼ったりしています。
まだまだ時間に追われて?さっぱり手習ひしていない証拠でしょう・・・
がこれからもがんばりま~す。
さてビーズ織りですが、目が慣れてきたせいか楽しくって困っています。
お手製の織機を作ってくれたnoba旦さま、いいですね。
したいことがたくさんあって、ママンもそのうちしなくなるかも・・・。
水曜日は午後から自由時間が出来るのでちょっとしたお楽しみデーです。

2006年12月15日 15:09
森の生活さん
甘味が濃くて本当においしいです。
カビが生えないように玄関においてあります。
ビーズは慣れてきたせいかもう少し続けてみたいと思っています。
友達と一緒に出来るのがいいですね。
同じ事を教えあってしたり、楽しんだりできるのはなんでもとてもいいことです。
2006年12月15日 15:17
湖のほとりから・・・さん
そうですよね。
ママンもそのうち・・・・ただいっちゃんが毎週のように来てくれるのでもう少し続けてみようと思っています。
一緒に習ったものをまた二人でまったく違った色で作るとお互いにびっくりするほど違うものができるんですよ。
干し柿はお正月には大根のせんびき(千切り)の甘酢にも、切って入れて食べます(大根なます)。
ぽんた
2006年12月15日 19:33
ママン様は本当に器用なんですね。
私なんか自分の眉毛だってうまくかけないのに。
2006年12月16日 21:38
ぽんたさん
器用といえば聞こえはいいのですが・・・ただたんに年のこうです。
しなければ誰もしてくれないから・・・です。
ママンは眉毛のほうがやっぱりむずかしい。

この記事へのトラックバック