あじさい寺・・・山形市・出塩文殊堂はこれからが見頃

19日、今日は晴天!
お友達のいっちゃんがママンと、ある用事のため、お勤めを休んでくれたけれど、都合でキャンセルとなり、一日フリーになったので、かねてから行きたいと思っていたところへ、フンタンと三人で出発~~!

まずは、山形市郊外のあじさい寺、出塩文殊堂
約500M、720の石段、その周辺に、40種、2300株のあじさいが咲き乱れるというふれこみ。
ママンは一度行ったことがある。ひいじいと、義姉とで。
その時は、満開で、これでもかぁ~と言う位咲いていて、蜂がぶ~んぶんといたりして、走るようにして見てきた記憶がある、なにしろ、15年位前のおはなし。

この度はいまいち早すぎる感があるが・・・
今日は暑すぎるので、階段720では、完全にのびてしまうので、最上階の駐車場まで上って楽チンコースで、50段くらいかな?あまりに楽チン過ぎるかなとは思うけど、なにしろ年だしぃ~フンタンもいるしぃ~で。

画像



帰りに720段下る事も出来るので、上から下を見て見ましょう~。
早咲きのあじさいが、ポツリポツリと…なんとママン好み!
画像



上にはかわいいお堂が。
画像


いっちゃんとフンタン。お賽銭箱がないので扉の穴へ ** ちゃりん。
沢山の手作りのおもりのようなものが、ぶら下がっていて、いかにもローカル。

画像

パステルカラーのかわいいのが、見頃。

画像



これまた、小さい白がけなげに咲いている。いっちゃんも、かわい~~ぃ。
画像




上る途中にツルアジサイが大木にからんで、見事に咲いていたのだけれど、撮影失敗!!

かなりな高度がある場所なのでゆっくりしたい人は木立の陰で、お弁当開きも可でした。
数奇屋のベンチでしばし眼下の市内を眺めて帰りました。
7月はじめには満開でしょう。



あじさい寺の前に、三人で寄った所は、 山形のボタニカルアートの第一人者である、杉崎紀世彦・文子ご夫妻のアトリエ。
 
画像


ママンの玄関のふきのとうの絵の作者であり、ママンが、昔教えを乞うた先生でもあります。
アトリエ(ギャラリー)を建てられたと聞いていたので、こんにちわと、突然お伺いしたら、
あらあ~○○さ~ん(ママン) しばらくぅ。
ここは、常時公開じゃあないのよ!ですって。
そうなんですかぁ。
でも、適当に入って、あるもの見て行って!といって下さったので、新聞に載せられた原画や、しつらえなど、いっちゃんも、フンタンも、遠慮なく拝見させていただきました。
理想を叶えられたようなアトリエはとても素敵でした。
場所も山のふもと。最高の眺め、蔵王連邦が真正面でした。
7月個展をなさるとのこと、ぜひ来てねといって下さいました。
ママンも新刊の第4集を買いました。


アトリエの脇の土手に、れんげの種?が沢山付いていました。

 これまた、芸術的な種です。
バイアステープを、器用に筒に巻いたようになっていて、これがはじければ、パーマのように、殻がくるくるとなるのでしょう。
またまた、単純ママンは、感動です。

画像


  ① 修正…ごめんなさい!れんげの種ではないようです。(11・50分)
    ヒゲおやじさん…コメントありがとうございます。
    なんだか、れんげの種は違うようでした。~~?どなたか教えてください。

    この後、色々調べましたが、S58年発行の学研の図鑑に、ミヤコグサというのが
    載っていましたが・・・わかりませんでした。

    ②これは、カラスノエンドウのようです。nobaraさんに教えていただいて検索しまして、やっと、納得できました。
実が完熟すると、ひねりがでて、こんなふうになるようです。
まったく、枯れている状態だったので、皆様に間違ってお伝えしてしまいました。



というわけで、今日はとても、いえ、今日も、とても良い一日でした。


画像


今日のお花は、いつもの八百屋さんが持ってきてくれたあやめ、25本・アルストロメリア・スターチス ・ 花器 ・ 西山焼き



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2007年06月20日 23:14
アジサイは少し早かったようですね。
でも、いい雰囲気ですねえ。
蓮華の種って初めて見ました。何でって、こちらでは種ができる前に鋤込んでしまうから、見られないのですよ。多分探せば早くに咲いたヤツの種があるとは思うんですけどね。でも、面白い形をしていますね。
2007年06月21日 00:00
ヒゲおやじさんごめんなさい。
れんげと言っておきながら、またまた違うかもと思って、起き出してきました。
形の面白さのみ、お楽しみください。
2007年06月21日 07:18
こちらではツルアジサイが咲き出しましたが、紫陽花はまだまだ。どうしたのかなぁ~と毎日見に行っています。山形でもこれからですね♪種の形、とても面白いですね♪
2007年06月21日 07:55
アジサイがすこし早かったですね。こういう時期も新鮮でまたよしです。
蔵王連峰が真正面に見られるアトリエ、すばらしいですね。
2007年06月21日 12:12
山の斜面に咲いているのでしょうか、いいですねぇ。このくらいの咲き加減好きです。山に咲く紫陽花はあまり見る機会がないのでとても新鮮です。
種って棒状のものが種ですか?こんなの見たこと無い・・と思う。。あったとしても種とは思わず・・・ですねぇ。ここに目が行くママンさん凄い!
nobara
2007年06月21日 18:54
あらぁ~今回もチッチャな恋人と一緒でしたのね~~(^O^)
ほんとに フンタンってカワユイですな。
きっとこの先いろんなママンとの思い出が宝物になりますね。
少し早かったんですか?あじさい。
鎌倉辺りは入場制限もあったり混んだりと大変らしいです。
出塩文殊堂は見るからに静で、これだば、落ち着いて見られますね。
いっちゃんも若ぁ~~~い。お尻がかっこいい(笑)
すてきなアトリエですね~~~木の香がしてきます。
レンゲの種ってカラスノエンドウみたいなのが頭に黒くなって
何個か纏まって付きますが、弾けた後は
こんなバイアス丸めたみたいに引いたみたいになるんでしょうか?
種が黒くなるまで見ない内に鋤かれてしまうから判らない^^;
アヤメ25本はたっぷりですね。西山焼きかなりの大きさ?
さっき表みたら俄雨の後がありました。気付かなかったです。
しかも凄く蒸し暑くなっています。参っちゃう(メッセ、飛ばしました)

2007年06月21日 18:56
今は何処も紫陽花の花で綺麗ですねぇ。2300種?凄いわぁ。機会があれば是非立ち寄りたいと思います。でも720段の階段はきっと無理だなぁ~~。お花が綺麗に入ってますネッ。涼しくなります(^^♪
2007年06月21日 20:09
湖のほとりから・・・さん
あじさいも今は頭が軽いので、参道も広くありますが、だんだん狭くなって来ます。
ねえ~、何の種か、解るのが楽しみです。
2007年06月21日 20:14
森の生活さん
咲き始めは新鮮なかわいらしさがありますね。

アトリエは、誰しもが夢見るようなところです。しかし、現実は厳しく、居住、もしくは、営業の許可は下りないんですって。
だから、アトリエだけ、珈琲も営業としては、お出し出来ないんですって。
難しいことが、いろいろあるんですね。
2007年06月21日 20:19
べべコママさん
咲き始めがいいですね~でも色は濃いほうが…
これは、種の、カプセルですね~
ほんとうに、すばらしい造形美ですよね。4~5センチです。硬い!!
草の中で、真っ黒に見えました。
ぽんた
2007年06月21日 20:32
しばらく見にいってなかったな、今年は行ってみようかと思います。
昨日、出先で笹巻き用のいぐさを発見!購入しちゃいました。
来年までそのままっだたりして!
2007年06月21日 20:41
nobaraさん
いっちゃんは、ママンよりひと周り(12歳)若いんです。
ぴちぴちです。毎週のように来ていますから、フンタンは息子のようです。でも、お年頃の息子さんが二人もいらっしゃるんですよ。

種、夜中調べました。カラスノエンドウも調べたましたが、やはり、レンゲでない事だけは、たしかですね。
西山焼きはかなり大きいです。高さ40センチ近くありますので、活けるというより、入れるですね。
今日は一日小雨でした。過ごしやすかったです。
2007年06月21日 20:44
夢案内さん
2300株です。40種だそうです。
階段は上らず降りる事ができるのでゆっくりでしたら、楽しめます。
2007年06月21日 20:46
ぽんたさん
来年までと言わず、ぜひ、蔵王あたりで、笹ゲットして、夏休みにでも…
2007年06月22日 08:40
紫陽花、まだちょっと早かったですね。見ごたえがありそうな所です。
ボタニカル・アートいいですね。自分も興味がありますが、自分には書けません(^0^;  アヤメ、すごい数ですね!
2007年06月22日 15:41
無知でごめんなさい >ボタニカル・アートって、どんな絵か知りませんでした。写実的なしかも芸術的な植物画のこと・・でいいのでしょうか?
山形ママンさんは多趣味で、それも本格派のプロの方と沢山お知りあいなのですね。やっぱり、違うと思った・・。
あんなイタズラお絵かきが、なんだか恥ずかしいけど、
でも、これからもよろしくネ。
2007年06月22日 21:28
mintさん
あじさいまつりは、7月かららしいですが、ぽつりぽつり咲いているのがとても気に入りました。
ボタニカルアートは、絵の原点のように思いますが、精密さが要求されますので、年齢とともに出来なく…というより根気がなくなりました。
でも見るのは大好きです。
2007年06月22日 21:48
けっこちゃーん
そうですね。そのとおりです。
実物よりも実物のように 微、彩、と申しますか、大変な絵ですね。
ママンは単に好きなだけで、途中で、病気や、ひいじいの病気などで、長く続けられなかったのですが、この年では、また始めようにも、根気が続きません。
口先だけで、まともに物になっているのが、なんにもないんですよ。
ただ、教えていただいた先生は、何時までも尊敬しています。

けっこちゃーんの絵はとてもイタズラお絵かきとは思えません。
風景画も、けっこちゃーん主役のほうの絵も表現力がとてもすばらしいです。
これからも、楽しみに拝見させていただきます。
どうぞ、よろしくね。



2007年06月23日 00:01
山寺のお庭は野趣がありますね。紫陽花寺ってそういえば、各地にあるようですね。お寺とこの花は縁があるのでしょうか?
2007年06月23日 07:24
クロゼット☆ライターさん
大きな木に囲まれて、<野趣>あるところですね~
どうしてでしょうね。
静かなたたずまいに合いますね。
2007年06月23日 07:30

この種がなんであるか調べましたがやっぱりわかりませんでした。
ミヤコグサかな?~とも思いますが、意外と種のことまで載っているものは少ないですね。学研のS58年の図鑑に、小さくそれらしいのが載っているんですが・・・??
nobara
2007年06月23日 09:47
山形ママン、探索お疲れさまぁ~~~
いずれにしてもマメ科の花後ですよね(*^-゚)⌒☆

【公園・周辺の野草|美崎公園とその周辺の自然】の中の
カラスノエンドウの花後がそっくりのバイヤステープの捻れに
なっていました。枯れた枝が蔓性のようでもあり。
そうかなと思いました。
これからコーラスの反省会と先生の古稀のお祝いで
田無の料亭?でランチなんですよε=ε=┏( ・_・)┛
2007年06月23日 20:07
nobaraさん
いつもありがとうございます。
やはり、カラスノエンドウのようですね。
ママンも調べましたが、ここまで黒くねじれているのが載っていなくて、悩んでいました。やっとすっきりしました。
追加記事出します。それと、写真のほうはまた後ほどチャレンジいたします。
ありがとう~~~。(^_-)-☆
蕗ちゃん
2007年06月25日 00:09
紫陽花寺、いい雰囲気ですね。紫陽花は、早くても盛りでも、過ぎてもそれなりに風情があっていいですね。扉の穴へチャリン・・私も近くの神社でいつもやっているので笑っちゃいました。
2007年06月25日 09:12
蕗ちゃん
そうですね。
盛りの頃は、花が重くなって、だんだん下がってきますね。色も濃くて、本当は何回も行くといいんでしょうね。
扉の穴へ?やっぱり!
もう一回行きたいと思います。
2007年06月26日 20:53
nobaraさん
今日、あやめのお花の写真…メッセージにお書きになってくれた方法でやってみましたあ。
やはり、とても明るくきれいになりました。
ありがとう~ございます。
これからも、いろいろ教えてくださいね。頼りにしておりまする。
料亭でのお祝い!さぞおいしかったでしょうねぇ~。
nobara
2007年06月29日 19:16
山形ママン。あぁ~~ちゃんと出来ていますね。
これだば、西山焼きの様子もちゃんと判りますね。
ママンは天才じゃないべか?
ちゃんと私の拙い説明でもこうやって出来るんだもの。

お料理はgoodでしたが、仲居さんが・・ちょっと。でした。
多分、お昼はメインでないのでしょうね~
先生は殊の外お喜びでした。
結局ピンクの胡蝶蘭5本仕立てにしたんです。
ママンが買われたギンギアナムにしたかったんだけど
時期が悪かったようでした。
2007年06月29日 20:27
nobaraさん
ありがとう~~。
nobaraさんのいうことなら、すぐ出来るような気がするから、不思議!!
ほんとうにありがとうね。やはり、やりたい時にすぐ教えてくださるのがいいんですね~。

胡蝶蘭はいいですね。ながく、また、ある程度お年の方はほんとうに、喜んでいただけると思います。

この記事へのトラックバック