梅干を漬けました & 紅花が盛り

22日(日)A町のくーちゃんから連絡…今度は梅干用に梅を採りいれたのでいらな~あぃ?とのこと。
いるいるぅ!
そう、じゃあ、今日今から持っていくから~~

梅15キロくらいありました。お友達に欲しいと言われていたので、半分おすそ分けしました。

梅7キロを一晩水に浸しておきました。
画像


梅の軸をとって、よくすだらかして(水を切って)置く。
画像



瓶を前もってきれいにして置き、焼酎を2分の一カップ入れて内側を満遍なくまわす。
梅を瓶に入れて、7キロの梅に塩20パーセント=1・4キロを、多いなあと思いながらも失敗しないように入れました。
画像



今日、見たらだっぷりと梅酢が出ていました。(石も煮て消毒しました。)
このまま、しばらく置きます。紫蘇がまだ、来ませんので。

画像




今日は一日天気もよく、トッティとフンタンは、家の車庫前で水で落書きを始めました。
プールも出しました。まだ、山形は梅雨明け宣言は出ていませんが、本格的な夏模様です。
画像




画像

松尾芭蕉の奥の細道の
   眉はきを俤にして紅の花…そのままの形

追加編集・・・開花は、江戸時代の最上紅花(尾花沢)は、半夏小の頃(6月中旬)

朝霧の立つ梅雨の早朝に明け方の梅雨に濡れたものを、摘んだと書かれていました。
芭蕉はそれを見たのでしょう…とのことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月25日 23:02
梅干しですねえ。本来なら、今梅を干している時期。丁度土用ですから。
そちらでは、今漬けるんですねえ。さて、今年は上手く浸かるでしょうか。
カミさんはいつも失敗して、なかなか美味しい梅干しに出会えません。
買ったヤツは、全部飴や蜂蜜が入っていて、甘くて食べられません。
中にはカツオ出汁入りなんてのもあったりして。ヒゲおやじは塩と紫蘇だけで漬けたやつが食べたいのですけどね。
2007年07月26日 00:36
思わず口元が酸っぱくなりました。沢山の梅干が出来そうですね。
無添加で安心してたべられますね。こちらでは入梅前に梅もぎします。
兄弟仲良しで微笑ましいです。ジョウロでお絵かきとはしゃれた遊びをみつけましたね。楽しそう♪♪
2007年07月26日 02:27
梅干ですね~。自分はまだ漬けた事がありません。梅酒ならありますけど。去年からはフルーツの泡盛漬けを沢山作っています。シソジュースも大量にあります。 健康にいいものばかりだわね。 サフラワーは自宅にも沢山咲いて、先日母の元に持って行きました。翌日お見舞いに来てくださった、「ナンチャッテ叔父」と「ナンチャッテ兄貴」がまたサフラワーを大量に持ってきてくれました。あふれそうです・・
2007年07月26日 07:42
梅干がつかりましたね。自家製の梅干のおいしいこと。
紅花の色がいいですね。まさに眉はきの姿です。
2007年07月26日 08:36
ヒゲおやじさん
こちらでも、本当はちょっと遅いです。カリカリ梅や梅酒用の梅は、なにがなんでも半夏前とか言いまして(今年は7月2日らしい)それ以降だと、梅が柔らかく漬かってしまうらしい~。
ママンも最近はうまく梅干を漬けられません。どうしても、塩分を控えるからです。
梅干はやっぱり、塩と紫蘇ですね~。

今年は少し遅めですが、とてもいい梅なので、楽しみです。
2007年07月26日 08:41
ハナコさん
ちょっと遅めですが、山の上の梅で、無農薬なので、楽しみに漬けました。
どうなりますやら~
子供は、いろんなことを思いつきますね!
入れたアイスコーヒーを飲みながら、日陰で監督しています(^_^)v。
2007年07月26日 08:46
mintさん
お手製のものは、いいですね。
なんとなく安心して飲めますね。
紅花は季節限定のところがあありますので、そのせづのころは、充分に楽しみたいですね。
今はでもいがいがした痛いほどの紅花はだんだん少なくなってきて寂しいですね。
2007年07月26日 08:53
森の生活さん
紅花もこの種類しか八百屋さんが持ってきてくれなくなりました。
いがいがの紅花はもっと味わいがあるのですが…。

昨日、ちょっと調べたら、芭蕉が山形に旅したのは5・27~6・13ですって。
紅花は今は7月はじめ以降が盛りなので、その頃咲いていたのかしらとか、
思って、もしかしたら、ドライを見たのではないかしらなんて、想像しちゃいました(-_-;)
nobara
2007年07月26日 10:59
まんず、はぁ~~大したたまげたぁーーーー
7㎏の梅干し☆とな@@/びっくりこいだ~
山形ママンちはご家族も多いし。差し上げるトコも多いからなっす。
ワタシは漬けた事がないの。梅干しは・・・
我が家は消費量が少なくて、少しづつお気に入りを買っています。
近くの友人(3人家族)がやはりそれぐらい漬けるみたいです。
お料理とかにも使えるんでしょうね。
甲府では実を割って甘酢漬け(カリカリッとしてる)が多かったです。
赤紫蘇が入って美味しくなるのが待ち遠しいですね。

さすが山形。芭蕉の粋な一句ですなぁ^^♪
2007年07月26日 12:03
随分昔に一度漬けたことあるんですけど・・・。梅干好きなんですよ。毎日一個食べてます。特に息子は小さい時から私の母がつけた梅干が大好きだったので、今でも「ばあちゃんの梅干が食いてぇ」何ぞと言っています。なかなか昔のような田舎漬けの梅干はありません。自家製がいいですね。
子供たちは遊びを見つけるのが上手ですよね。フンタン君はお兄ちゃんと遊べて嬉しいですね。
2007年07月26日 20:20
おばんです。
我が家では今年は梅の実が殆ど生りませんでした。
きっと花盛りに大雪が降ったので駄目だったんだと
おもいます。
梅干を漬けるのはお休みします。
一昨年の梅干もまだ有りますし、去年のも
手を着けていませんし間に合うでしょう。
ママンさんの梅は大豊作でしたね。オースッパ~~~
2007年07月27日 10:50
nobaraさん
梅干も今は減塩が叫ばれて、我が家でも買って来て食べる事が多いです。
おにぎりの時は自家製のほうとか、です。
料理にも魚を煮るときとか、きゅうりの生や、冷奴のときぐらいで、消費量は減っています。
でも、漬けるときは多いほうが失敗がないようです。

芭蕉の句、あまりにも有名ですが、いま、眉はきは、知らない人が多いのではないかしらね。そういうママンたちでさえ。

2007年07月27日 10:54
べべコママさん
梅干もだんだん変わっていくのでしょうね。
実家の母でさえ食べる時、砂糖入れたりしています、誰も食べないといって。

夏休みは二人で、けんかしたり、何かやっています。
トッティも双子のように幼くなって遊んでいます。
2007年07月27日 10:59
hiromuさん
梅も沢山取れるときと取れないときありますね~
今年は、梅酒もいっぱい出来たし、梅干もうまくいきそうです。
お休みの年もあっていいぐらいですね。
やっとお天気がからっとしてきました。暑くてもからっとしてくれば、hiromuさんの痛みも少しは楽になるのではないでしょうか~。
蕗ちゃん
2007年07月27日 11:50
今日は。梅干を漬けられて・・偉いです。私は、漬けた事が無いのですが、昔々、祖母が、開いた梅を庭一面に広げて干していた光景を思いだして、漬ける人は、もう尊敬してしまいます。
紅花、いいですね。大好きな色です。芭蕉の句もいいですよね。
2007年07月27日 13:29
今年はここでは梅をあまり見ませんでした。
豊作の時とそうでない時、はっきりしていますね。桜よりあとに花が咲いていましたので、そんなことも影響があるのでしょうか?いつもですと同じ時期に開花するのですよ。
美味しい梅干ができそうですね♪
ぽんた
2007年07月27日 15:23
いがいがの紅花が紅の染料をとる品種と聞きました。紅花は連作できないんだそうですね。
2007年07月28日 08:08
森の生活さん
ママンの想像は当たっていなかったようで、もう一度調べましたら、追加編集のような事が解かりました。
ごめんなさいね!
2007年07月28日 08:18
蕗ちゃん
なんとなく、漬けています。
義母が亡くなってからは自分の仕事みたいな気がして。

芭蕉の句は山形にいても勉強不足です。
なんにも知らないでいることが沢山あります。
これからゆっくり見て見たいものです。
2007年07月28日 08:21
湖のほとりから・・・さん
そうらしいですね。
だから、梅もその年によって、量がちがいますね。
桜と梅が一緒ですか。しかも、今年は逆?
ね~それでは、いいわけありませんね~
梅干、干すのを頑張れば、間違いなしですが!
2007年07月28日 08:24
ぽんたさん
そうですか。
あのいがいがのは、本当に風情がありますよね。
絵にしても絵になりますね(^_^.)
連作が出来ない!広範囲に作るとすれば、大変ですよね。
2007年07月28日 22:33
今日も雨が来て、いつまでも梅が干せません。
といっても今年は少しにしました。昨年のがまだ沢山残っています。
お隣から頂いた梅なのですが、まだ青々しているうちに採って漬けたせいか?とてもすっぱい。でも砂糖は使ったことがないの。食べやすくなるのかな? 
2007年07月29日 09:30
けっこちゃーん
ママンも砂糖は使った事がありません。
実家に行くと砂糖を小瓶に移してからその時その時入れるようです。
あまり好きではありませんが、酸っぱさがなくなるようです。

この記事へのトラックバック

  • 真夏です、梅干を簡単に干しましょう & ひるがおの花

    Excerpt: 今年、少しばかり漬けた梅干。    今年の梅はこちら   去年の梅干の漬け方はこちら  さ~今日のように晴天の日は梅干を簡単に干しましょう! 干すためのざるなどお持ちの方はいいな~とうらやまし.. Weblog: 山形ママンの日常 racked: 2008-08-07 14:55