83歳のお友達の津軽こぎん刺し展  & 今年も花さかフェアのコンポート作り

楽しい土曜日。
お友達のくーちゃん、 I さん、そして今日行く 津軽こぎん刺し展 の出品者 Nさん83歳も、ママンとはグループが違っても同じ古布でパッチワークをするこころざし同じ仲間でした。
画像


Nさんは、年齢も上がってきて、パッチワークは出来ないと言って、こぎん刺しをやるようになってから10年くらいなのでしょうか・・・。
今回が2回目の作品展でこの前も拝見しました。
一段と細かく高度な作品に、感動すら覚えました。
帯全体がこぎん刺し・・・出展してあるものだけで3本ありその見事な色、刺し子。
その外にもタペストリー、掛け軸仕様のもの、羽織など、Nさんの作品は数え切れないほどありました。
写真が禁止なのが残念ですが、その腕前は目を見張るものがありましたが、どうして?と聞いて見ました。

戦争中は、まだ二十歳前、軍需工場で軍服を縫っていたり、終戦後は絨毯を作ったり、様々な手仕事を生活の糧にして暮らしたんですって・・・
話しながら、涙もろくなったのよと顔をくしゃくしゃにして、それでも生き生きと昔のことをお話してくれました。
83歳と言えば、なかなかのお年。大抵のおばあちゃんは、老人ですが・・・そのかくしゃくとした生き様は、とてもすばらしいなあ~っと、我が身を思い、まだまだやれるな~やれるんだな~といっぱい元気を戴き、その後のランチでも、くーちゃん達と見習わなくっちゃ~ねと語りました。

作品展の中、一人だけ男性の方がおり、お話では、定年とともに、まもなく奥様にも先立たれ、はて!これからの人生何をしていったらいいのか迷っているときに、たまたまNHKの文化センターでこぎん刺しを知り、こんなに自分に相性のいいものがあったのかと納得!続けていらっしゃるんですって・・・。これも感動ものですね~。

津軽こぎん刺しは、普通の刺し子以上に細かく大変な作業ですが、針と糸と一枚の布があれば出来るところがいいとか・・・。
でも、本当に縫う事が好きでなければ、続きませんね~~。

日曜日は・・・。

画像

午前中はダディと二人で市民農園へ。
小雨がぱらついていましたがまもなく晴れたので、えんどう豆にしっかりした手を立ててやり、きゅうりにも、ネットを張って柵を作りました。
画像


画像


寒河江花さかフェアは今年で2回目の出展・・・出展と言っても、創作ではありません。
すべての材料を戴いて鉢植えの花を作り、6月7~30日までの長期イベントにそれを並べて皆さんに見てもらうというものです。
 昨年のお話を参考にしてください・・・こちら 
 花さかフェアのお知らせはこちら 

今年も、お友達のいっちゃんとそのお母さんと3人で行く予定が、部門によって時間が分かれてしまい、いっちゃんたちは午前、ママンは午後になってしまいました。
それで、ダディも一緒に行って、手伝ってもらいました。
画像


画像


画像

10日後くらいには花たちも上に伸びてきれいになるということです。

そこは、最上川ふるさと公園というところで、素晴らしい広さや設備があり、イベントも期間中ずっといろいろあります。
セミナー・ハーブガーデン・ステージなど。
去年のように上手く育つでしょうか。楽しみです。
期間中は自分のメッセージも一緒に飾ってくれます。
今年は 《花を植えて咲かせる楽しみ、花を見て 花をめでる楽しみ、みんなの花さかフェア》
と書きました。
今年は期間中入場無料ですから、一度は行って見ようと思います。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月26日 10:18
寒河江花さかフェア、いいですね~羨ましい~近かったら出かけたいです・・。
ママンさんのコンテナガーデンも素敵に出来上がりましたね。時々、出かけられる楽しみができていいですね。
2008年05月26日 11:39
ダディさんちお二人三脚の畑も、緑がいっぱいになって
これからの収穫がとっても楽しみですね。
>定年とともに、まもなく奥様にも先立たれ・・
こぎん刺しを始められた男性のお話は身につまされます。
ついこの間、ご近所の以前から親しくしていた奥様がなくなられ、
心優しいダンナ様がたったお一人になりました。
その方のこれからになにか心の張りがもてる何かが
見つかることを願っているところです。
2008年05月26日 13:13
津軽こぎん刺し、友に見せてもらったことがあります。どんなだったか記憶が薄れていて思い出せません・・・写真残念です。
畑の野菜が成長してますね。手をかけただけ沢山収穫できて、且つ美味しいでしょうね。
花さかフェアの花、綺麗に咲くのが楽しみですね。
2008年05月26日 16:03
畑が緑に~♪
草もなくて手入れが行届いていますね。
>こんなに自分に相性のいいものがあったのかと納得!続けていらっしゃるんですって・・・。
ご自分で相性の合う趣味を見つけられたのですね。一人で何もすることがないということは、周りの家族も心配になります。
Ryuji
2008年05月28日 21:13
山形ママンさんこんばんは、
このブログ拝見し、色々とご活躍ですね。家庭菜園もですね。
Ryujiも小規模農業をしております、コスト高を家内からしょっちゅう言われますが、そこは楽しみご容赦を・・・。
今日も一日畑でした。今日はジャガイモの2回目の土寄せと親戚がカナダから送られてきたトマトの苗を船橋から届けてくれました。
2008年05月28日 21:49
蕗ちゃん
ありがとうございます。
今年はぜひ<さがえ花さかフェアに出かけたいと思います。
広大な敷地で、フェア自体は人工的ではありますが、月山が大きくはっきりと見えて素敵な場所で開かれます。
2008年05月28日 21:54
けっこちゃーん
趣味と言えども、人生そのものが係わっているのを感じました。
生かされ活きることが出来れば、こんな嬉しい事はありませんね。

オモチャのような畑ですが、それこそ、お金にかえられない楽しみになっています。
葉っぱが結構沢山採れています。
2008年05月28日 21:58
べべコママさん
こぎん刺しは両面の模様が違うように出るんですね。
不思議です。帯は圧巻です。実際に使えますからすばらしいものですね。

畑は、何か植えれば、必ずのように育つのがうれしいですね~
花さかフェアのは、またアップしま~す。
2008年05月28日 22:03
湖のほとりから・・・さん
本当に、自分に合うものがなにか、長くやってみて初めてわかるのでしょうね。
巡り会う事が出来ればいいのですが、なかなか見つからない事の方が多いようですね。

畑は、皆さん一生懸命な方が多くとてもきれいですよ。
2008年05月28日 22:11
Ryuji さん
ありがとうございます。
拝見しましたブログ。すばらしい美しく透明感のある写真たちにびっくりしました。
これからも、どうぞよろしく。
小規模農業ですか、ママンのところは市民農園の10坪ですから、おままごとのような感じですがそろそろ収穫できる物がありますので、楽しくてなりません。
じゃがいもは土寄せをするんですか。
今2畝15センチくらいになっています。

この記事へのトラックバック