連休は・・・2 北東北の自然と海の幸を丸かじり・・・ 青森・六ヶ所村・菜の花畑・恐山・フェリー

連休2日目、4日(日) 曇り・・・
八戸東横インの朝食は、サービスのおにぎりと、スープ、コーヒー。
昨晩の食いっぷりのお腹にはちょうどいいね~
今日は晴れて欲しかったな~。
青森、下北半島のはずれ、脇野沢のフェリーの予約先へ確認の電話を入れる。
雨が降るようであれば、今日の日程は大幅変更で、浅虫の水族館や、棟方志功美術館などへ変更するつもり。
晴れていますとの事。

さ~では、今日は下北半島へ向かって、海岸を六ヶ所村へ。
あの原発の六ヶ所村です。でも見学するのではありません、そこを通っていくだけです。

どんよりとしたお天気も大分良くなって来たね~でも青空にはならないけど。
山形は周りを高い山に360度囲まれている。
どちらを見ても、山は視界に入る。
八戸を出て、海岸と草原がどこまでも続く、この景色は、ママン達にはある意味驚き!!
行く手をさえぎるものがない。
六ヶ所村の入り口あたりからは家が全然なく、海岸を離れ、雑木林と風車があるのみ。
素晴らしい施設があるが、素通り。
   写真がない!!どうやら消してしまったらしい(~_~;)

車がしだいに増えだした。今からは半島の中海、湾に向かって横断して、道の駅横浜の
国内最大級の菜の花畑を見よう!!
と思ったが、案の定、すごい状況!!
やはり菜の花畑は人気があるな~ イベント風の場所は混雑はあたりまえだからな~

菜種油の特級品とか、干しほたてや、あんぴんもち、蒸しパンなどを調達して、遠くから菜の花を眺めながら、路傍の菜の花を写して満足。
しかし、この菜の花、栄養満天にふとっているね~~
画像



今度は、日本海側を最終日まで走る。


下北半島の内海を眺めながら、むつ市の霊場恐山へ。

画像

画像


画像


画像


画像

真ん中の東屋?で、宇曾利湖の神秘的な色を眺めながら、先ほどの道の駅で買ったあんぴんもちと蒸しパンを食す。
このあんぴんもちがおいしかった~
もちの部分が分厚くてあんこも美味しくて、道中語り草になりましたよ。


画像

思っていたより、範囲が広かったが、霊場にしては、人が多いので、そこはいたしかたない。


ゆっくり散策して、これからは、カーフェリーに乗るために、半島の湾の外れまで行く。
唯一時間の制約がある。 3・50発
現在1・00
元来た道を少し下ってから、脇野沢まで、半島のあごの下を先端まで。
車の中で、コンビニおにぎりと、お茶で昼食。
ここいら辺はまだ桜も残っていて、庭にはチューリップ、水仙が満開。

そうこうしている内に、すごい風雨になって来た。
フェリーポートに着いたときは嵐のように激しい風と波。
怖~~~い!
なにしろ、初体験のフェリーゆえ楽しみにして来たのにぃ~
1万円近く払って、命が危ない!!
でも、誰も騒いでいない。こんなのはここでは当たり前のようである。

~~あれをごらん   竜飛岬 北のはずれと
と、歌にある竜飛岬がある津軽半島に今からわたるのですからぅ。

と言う訳で、初体験はなんにもわからないまま1・30終わってしまいました。

津軽半島の蟹田に着いたときは、雨も上がって、一路青森市東横インへ。もう8・00
チェックインして、またホテルの方お勧めの地元の店 おさない へ。
おいしいほたてのバター焼きやなにかに、海の幸を食べ、青森と言えば田酒だべというお酒を飲んでお腹も心も満杯!!
画像

津軽ビードロのコップで。


さ~港へ。

特別連休のために動かしたと言うねぶたが格納庫に入るところに遭遇!!
うれしい~大きいねえ。

画像


格納庫が沢山。
毎年連休のお客様に歩行者天国をして見せているとのこと。
もう少し気が付くのが早かったら見られたねぇ。
でも、よかったねぇ。

画像



青森港の夜景を11階の展望台で、ハーゲンダッツのアイスクリームを食べながら満喫。
画像


今日は走行220キロ。
明日は雨らしい・・・本当は北のはずれ津軽半島の13湖方面に行く予定だったが・・・。
どんな明日になるかな~~。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月09日 18:30
青森まで行かれたのですか。恐山の荒涼とした風景が印象的ですね。
田酒おいうのはどんなお酒なのでしょうか。おいしそうですね。
青森港の夜景にどこか哀愁があります。
nobara
2008年05月09日 21:24
津軽ビードロがいい味、出ていますね~~~
ママンはいける口なの? うらやまじい~~♪
菜の花畑、田舎の思い出しました。菜種油を取る為でしたから、
凄く逞しいものでしたね~それをお風呂の焚きくべにも使っていたのよ。
収穫の菜種の中って凄く気持ちよかったわ。思い出しました。
一三湖って? 私は深浦辺りに行ったんですよ。一二湖だった?
夕陽が凄く綺麗だったのを思い出しました。
ハーゲンダッツ。さぞ、美味しかった事でしょうね(^O^)
ゆっくりとママン達みたいに出かけたいものです。
noba旦はずーと出張していますよ。(-_-;)
2008年05月09日 21:33
下北半島と竜飛岬へ行ってみたいとずっと思っているのですが、未だ実現せずです。特に真冬の寒立馬を見てみたいと・・・。
弘前出身だった友にもらったねぶた絵の凧持ってます。
行く先々土地のお料理とお酒を味わう至福の旅ですね。ホテルからの夜景が綺麗です。
2008年05月10日 11:42
森の生活さん
いつもありがとうございます。
田酒(でんしゅ)そういうお酒の銘柄ですね。
甘くてこくがあり、北国のお酒とは思えないのど越しですが、効きますね~強いお酒のようです。
雨上がりの夜景はしっとりときれいでした。
2008年05月10日 11:50
今日もいい旅でしたねえ。目に見えるようですよ。
丁度陸奥湾の入り口を横断した形ですね。
またまた美味しいものを食べて飲んで、羨ましい。
ねぶたが見られて良かったですねえ。
220キロ、丁度良いくらいの距離ですね。明日が楽しみです。
2008年05月10日 11:54
nobaraさん
津軽ビードロは最近はデパートでも売っています。欲しいもののひとつでしたが、売っているところに行きませんでした(-_-;)
菜の花…太くてびっくりしました。
ここのはやはり、生産用の畑のようでした。
十三湖は津軽半島の付け根の日本海側にあり、ママンはまだ行った事が無かったのですが、お天気が悪く、けっこう遠いんですね~
十二湖は深浦の近くです。
白神山地のふもとで、湖の色がすごいんですが、3分の一も見られませんでした。
深浦のあたりは、夕日海岸と言うくらいずっと海岸がいいんですね~
本当は、その先の、不老不死温泉、黄金崎に泊まる予定だったんですよ!!

浄土ヶ浜・霊場恐山・不老不死温泉黄金崎・・・・・だったら、このまま冥土へ行きそうでした・・・あははぁはは ・・・・(-_-;)
2008年05月10日 11:58
べべコママさん
真冬の寒立馬…!!渋い!! いいですねぇ。いつかママン達も・・・。

ねぶたは、ママンは見たことがまだありませんので、これもいつかまた。

はい、ちょっと下品ですが、まるかじりです。
2008年05月10日 12:00
ヒゲおやじさん
はい!これでお天気がよければ、倍楽しめたとは思いますが、これもまた、津軽の一面なんでしょうね。
やはり、この日は思ったより疲れませんでした。

この記事へのトラックバック