桐の花・オオテマリ  & 母の日の贈り物は花咲く紅茶 & ママンのパッチワーク

毎年ご近所の桐の花を戴きます。
これは、ママンの方で咲き始めると声をお掛けして、道路の方にはみ出しているのを、戴いてきます・・・・。
というのも、桐は6月生まれのトッティの名前にその字を使っているから・・・。今年は開花が早い!
水揚げも良く、長い間玄関ですばらしい芳香を放ち続けます。

画像



木が大きいので案外花を知らない方が多いんですよ。
こんな花です。
画像


これも毎年、若ママの実家から戴くオオテマリです。
今年は、真っ白になる前にまだ薄緑のきれいな物を戴きました。
これは、水揚げが上手くできないと、すぐしおれてしまいますが、今年は若ママが上手に水揚げしてくれました。
画像

 去年のオオテマリはこちら 



日曜日は母の日。
息子夫婦から、今インターネットで、母の日のプレゼントNO・1なんだって!! と言う紅茶を貰いました。

ガラスのポットと干からびたお饅頭のような紅茶のもとが7個入っていました。

画像


あんまり詳しく載せると、次回戴く方に申し訳ないので、最初と最後だけお見せしま~す。

画像

しかし、うまく考える物ですね~本当のカーネーションのようですね。
二枚目は、冷水に入れて、飾った状態です。こうして、しばらく楽しめるんですって!!



4月からはゆっくりしたペースで、市民農園もやりだし、なんとなく<じいちゃんばあちゃん>らしい~~生活・・・になり始めていました。

ひいじいの旅立ちから始まって、法事ごとも今週の土曜日には百か日をしますが、後は一周忌までは、落ち着きます。
フンタンも幼稚園にいる時間も、連休後は3時を過ぎました。

ところが、4月の末から、ダディがまた不定期なお仕事・・・?を二つも頼まれて、月の半分は出かけるようになってしまい、今までとあまり変わらない生活・・・と言うより、どこか落ち着かない毎日になっています。
お互いのスケジュールを確認しながら、孫の動く時間と、畑と、趣味と・・・・。

今月もパッチワークがありました。ママンも馬力をかけてやっています。
なかなかイメージどおりの色目の布がなく、苦労しています。

画像


6月一杯でトップと言われるピース縫いを仕上げ、中綿を入れて、裏地を張って、本格的にキルティングに入らなければ、東京国際キルトフェスティバルには応募できませんから、ちょっと焦って来ましたぁ。

それに、パッチワークの先生の遺作展とママン達の作品展もやっと来年の5~6月にやることが決まり、6月からは先生の未完成の遺作を共同で一年かかって仕上げることが、日曜日決まりました。

毎日があっという間に過ぎてしまいますね~~。


画像

先日、ママンのお花の先生が、お寄りになり、お土産に花菖蒲の三株挿しのお花の様式本位の材料を持ってきてくれまして、お茶を飲みながら、挿していってくれました。忘れないで、毎年練習しなくてはね!! はい!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いっちゃん
2008年05月12日 09:35
しばらくです。なんと随分LOVE LOVEのようでしたね。私もいつになったら
そうできるのかな・・・?またひよっこり、おじゃましますね.
2008年05月12日 09:59
連休の頃、あちらこちらで満開の桐の花を見かけました。こうして切花にして活けられるんですね。初めて見ますが良いものですね。
この紅茶に似たものを娘がお土産に買ってきたのがあります。ピンクではなく白いんですけど。これはほんとにカーネーションのようですね。
パッチワーク進んでいますね。なんと大きいこと、いろんなことをしながら、こんな大作を作り上げるママンさんのエネルギーは凄い!尊敬しちゃいます。完成がほんと楽しみです。
nobara
2008年05月12日 10:03
まぁー ダディはまたお仕事始められたの? 複雑ですが・・・
でもね~ 仕事をしてるって すごくいいんですよね~
私もながーーーーーーく仕事して、今、ぽっかり空いちゃって!
このさみしさはなんと表現していいやら、なんですよ。
さりとて、また転勤とかで迷惑かけるのも躊躇われて・・・
あの忙しくしてた日々が妙に懐かしい・・・・
東京で仕事から離れたのなら話はまた違ったかも…(-_-;)
ダディも半分くらいは仕事してあとは農園作業やママンとの時間に使えるといいですね~その点ママンはかなり多忙ですねェー 作品展やら遺作展やら 東京国際キルトフェスティバルにも応募ですからね~時間がいくらあっても足りないでしょ? でも無理をして体を壊したらなんにもなりませんから、そこの所はよ~く調整なさってね。桐の花、豪華ですね~ 比べ物になりませんが栴檀のちっちゃな紫の花も香っていましたよ。昨日もコチラの公園で雀さんと一緒にランチでした。外で戴くのは気持ちいいですね。紅茶のお花、人気沸騰ですね。東京の子供達から私にも観葉と花が贈られてきました。有り難いですね~
2008年05月12日 10:26
>ダディがまた不定期なお仕事・・・?を二つも頼まれて
良いほうに考えて・・・。頼まれてお仕事ができるなんて、幸せなことですね^^♪このような紅茶があるのですね^^♪本当にカーネーションのようです^^
2008年05月12日 18:22
こんばんは~
桐の花、先日の飛騨路でも、昨日の主人の生家に行く時も見ましたが、いい香りがするのですか! 知りませんでした。
写真に撮りたいなぁと思ったのですが、木の高いところにあるので撮りませんでしたが、生け花にも出来るのですね。いいこと教えていただきました(^^)v
それに、パッチ・・本格的にされているのですね。
私も最近図書館で「おしゃれ工房」なる本を借りてきたら、無性に作りたくなり、今思案中です。でも、キルトフェスティバルなんて、見に行きたい!と思いますが、とても参加できる技量は持ち合わせてませんが。(笑い)
出来上がったら、是非見せてくださいね。(^^♪
それに、生け花も素敵ですね・・
その昔習ってましたが、又いつか・・と思いつつ時は過ぎていきます。
あ~山形ママンさんの生活、とっても羨ましいです(^.^)
2008年05月12日 22:11
こんばんは~♪
生け花が爽やかに入ってますねぇ。
最近、何か心に花を生ける余裕がなくて^^;
生けた後の達成感はなんとも言えないものですね。
ここで気持ちを切り替えて行きます。
こんなに大きなパッチワーク作品見たの初めてかなぁ。
素晴しいのひと言です。頑張って下さいね(^^♪
五城目ばあば
2008年05月12日 22:16
おばんで~す。桐の花って、こんなんなの?。この年まで知りませんでした。私の住む田舎では藤の花が真っ盛りです。車で2~3分も走れば森に到着。杉の木にからまりながら濃い紫、薄い紫の藤の花がそれはみごとに咲いていました。藤の花の観賞後は蕨とりです。この近辺を知り尽くしている夫の案内で山へ入ると、あるわ、あるわ。スーパーのでっかい袋にいっぱい採ってきました。つば釜にお湯を沸かし、実家からもらった灰を使ってあく抜きをすれば、きれいな緑の蕨のできあがり。日当たりの蕨は色がいまいちですが、やぶ蕨は深緑色に仕上がります。煮びたし、2~3センチに切って生野菜と混ぜてサラダにするとおいしいよね。今年も10種類にあまるほどの山菜を味わうことができました。この時期だけは田舎に住んでてよかったと思います。
2008年05月12日 23:11
お忙しいようですね。今、高い木で桐の花が沢山咲いていますね。今日もあちこちで見かけてきました。遠くからうっすらと紫色の花が目立ってとてもきれいですね。近くで写真・・と思っていてもなかなか撮れません。 走行している間にチャンスが逃れ・・・ 自分は中国茶ですが、花茶を楽しみますよ。目にも嬉しく、香りもよく、大好きなお茶です。 パッチワーク、いつもながら大作に目を見張ります。 和室にふんわりと菖蒲の花がいいですね。
2008年05月13日 07:38
いっちゃ~ん
ど~~したの?心配していましたよ。あなたが一週間も来ないと。
それこそ、旦那様と今が一番いい時でしょう!!
もう介護が始まりつつあるからね~
お茶しましょう!!
2008年05月13日 07:45
べべコママさん
お褒め戴くような実態ではないのです。実はあっちをかじりこっちをかじりです。
今年がキルト展への応募は最後かな~なんて思っています。
一年に一作は無理かも?
多分また入選は無理でしょうが、応募することに、意義を見出して(-_-;)^^;
います。
2008年05月13日 07:53
nobaraさん
環境の変化は色々な事を思いますね。
ママンも27年も勤めた会社を辞めなければならなかったときは、その後、じっとしているのが恐くて、お馬鹿さんのようにお稽古事をしました。
その中で残ったのが車の運転とお花とパッチワークです。

ありがとう~~nobaraさんも健康に注意してね。忙しさが過ぎると、気もゆるみがちです。
でもしっかり新しい生活を楽しむすべを知っていらっしゃるようですから、心配は無いと思いますが・・・。

2008年05月13日 07:57
湖のほとりから・・・さん
ま~亭主元気で留守がいいとも言いますので・・・どちらのことも、ダディの生きがいに近いようなお仕事?ですので、ママンは喜んでいます。
紅茶は開くまでの2~3分はどきどきしました(^_-)-☆
2008年05月13日 08:04
つれづれさん
桐の木は大きくなりますので、見かけても大抵はてっ辺のほうに咲いていますからね~。
切ってもそのままで水が上がります。
ママンもお勤め中お花を習っていましたが、お仕事の内容が変わり5年位やめましたが、新しい先生がダディの友人の奥さんでまた、仕事をやめてから級を復活してくれました。それ以来、お友達としても交際しています。
パッチワークも、職場の先輩でしたから、とてもお友達に恵まれたのです。
2008年05月13日 09:10
夢ちゃんこそ、きれいな素敵な写真が撮れるんですもの
うらやましいですよぅ。
生花は先生がさっさと挿してくれました。ママンがちょろちょろしているので。
自由に活けるのもいいのですが、たまには、こんな型できっちりした美しさもいいですね~。
2008年05月13日 09:45
五城目ばあばさん
ママンも何年か前まで知りませんでした。
藤の花・・・
旅行の最後秋田に近くなったら、山すそに沢山咲いていました、書くのを忘れました^^;

そちらは自然がすぐ近くにあって、それを旦那様と楽しんでいるんですね~
わらびは山のは全然といっていいくらい違いますよね~
あく抜きもします。灰でするとこれまた違いますものね。
10種類もの山菜!!いいな~
自然がいっぱいのそちらに今度はまたぜひ寄らせてくださいね。
つば釜、こちらでは はがま って言います。なつかしいな~
あれは大きいから一杯お湯沸かせますねぇ。(今思えば残念ながら、処分してしまったの、新築の時!!)
2008年05月13日 09:50
mintさんいつもありがとうございます。
毎回拝見しています。
お茶はびっくりしました。
ハーブだけでなく中国茶も楽しまれるんですね。
桐の花は、本当に香りが強いです、近くで戴けるので、楽しめます。
昨日は、畑で、フェンネルの茎を採って来たので、初めて食べました、甘いんですね~。
2008年05月13日 12:07
桐の花は知ってはいましたけど、あまり詳しく眺めたことがないので、こんな具合になっていたのですねえ。
オオデマリも見事ですね。
そうですか、また働き始めましたか。でも、その方が良いと思いますよ。
いきなりサンデー毎日は、身体も神経もついていけません。
無理のない範囲で、月の半分ほど働くなんて理想的ですよ。
その合間に畑仕事でしょう。ますます素晴らしいですね。
少しスケジュール管理が面倒ですか。でもボケ防止には最適です(笑)。
ママンも忙しそうですねえ。気持ちに張りができて、これも良いことだと思いますよ。
2008年05月14日 17:40
ヒゲおやじさん
働いたといっても、事務的なお手伝いや趣味の方のお手伝いですから、大変いいなあ~とは思っています。
はい、お互いに忙しそうにしているのが一番ですね~
やっと雨が降ってくれましたが、まだおしめり程度ですね~
蕗ちゃん
2008年05月15日 00:50
桐の花・・道端でよく見かけますが、高いところに咲くので、なかなか写せいんですよね。昔は、女の子が生まれるとどこの家でも植えたんですよね~祖母の家にありましたので、落ちた花で遊んだものです。この花を見ると母の桐の箪笥を思い出します。
花菖蒲の三株挿し・・素敵です。ママンさんの感性には、いつもながら感心してしまいます。
2008年05月15日 07:34
そんなお話を聞いたことがありますね。今はほとんど自宅に植えているのは見られなくなっていますね~
わ~落ちた花で・・・。素敵な思い出ですね。
霧の箪笥は古くなっても捨てられませんね。ママンも大好きで義母のを使っています。
三株挿し・・・その季節だけの様式美ですね~~忘れますので、お手本を見ないと挿せません!!
この日は先生がしてくれました(^o^)
2008年05月15日 11:10
↑ ごめんなさい!蕗ちゃんへのお返事でした~~。

この記事へのトラックバック