今年もさくらんぼ狩りと梅もぎに行って来ました~~梅酒・梅干・さくらんぼジャムに

今年もお友達のA町のくーちゃんから、おさそいのお電話を戴いておりました。
さ~土曜日午後、フンタンの幼稚園の終わりを待ちきれずにお迎えに行って、その足でダディと3人でA町へ~~

さくらんぼの季節です。
先日も戴きましたが、毎年のように、さくらんぼ狩りの楽しさを味わわせてくれます。


画像


車の中で、すでにフンタンは上機嫌。

画像


くーちゃんちへ着くともう準備万端、旦那様も軽トラを出してスタンバイしておりました!!
フンタンは、くーちゃんとうしろに乗る~~^^とすぐに甘えております。
じかに山の空気を感じながら、山道を登っていくのは、なかなか経験出来ないこと。
旦那様からも 大きくなったなぁ~と言われ、うれしそう~に乗り込みました。
出発!!


画像




梅の木がある最初の広場は、まるで花園のよう。
山葡萄の棚も大きく成長し、紫陽花やタチアオイやハーブなどが咲き乱れ、今年は野菜も植えていました。
孟宗竹林や梅ノ木も見え、小屋もあります。
画像




ダディとママンが梅をもいでいる間は、フンタンにもはしごに登らせてくれて、梅をもがせてくれたり、すぐりを採ったり
かえるを追っかけて見たり、お二人ともよく面倒を見てくれるんです。
画像


たっぷりと梅を戴き、もっと上の山まで移動し、今度はさくらんぼ狩りをさせてくれました。
またまたフンタンはお二人に付き添ってもらって、ナポレオンや佐藤錦など2種類のを食べたり採ったりしています。


画像


周りの山の淵には蕨が大きくほだとなって密集して生えています。
今でもその中を探すと沢山の蕨が生えてきていますから、これも採らせていただきました。


画像


林の中には、かわいいこくぞうさまがあります。
昔は近くのりんご農家の方たちが、集まってお参りしたそうです。牛の神様だそうです。

画像


真っ赤な小さい実がなっている低木がありました、可愛い形です。

画像


何本か、啓翁桜の木がありました。
春先早く、枝を切り取って、小屋など暖かいところで、咲かせ、早春に花を楽しみます。
これも毎年のように我が家にもいただきます。
枝を切ることによって、沢山新しい枝が分岐して出来るのだそうです。

ありがたいことですねぇ~そして、大変な作業が沢山、この山で行われているのですね~
くーちゃん!!いつもその恩恵に預かり、戴くばかりで申し訳ございません~~
   と言いながら、毎年こうして来てしまいます。

画像


さくらんぼの木の側で、美味しい御茶やおかしを御馳走になり、くーちゃんちのじーちゃんにも沢山甘えて遊んでもらって、青蛙を沢山つかまえて、帰りはぐっすり車で寝てしまいました。

欲張って、こんなに戴いてしまいました。

画像

梅酒は7キロ作りました。
梅干は10キロくらい出来そうです。

画像


さくらんぼは1キロくらいは生で食べて、後1キロはさくらんぼジャムにします。
きれいに洗って、じくを取り、砂糖を少なめに400グラムくらいにして、レモンをしぼって煮ます。

10分位煮たら、火を止めて冷まして、種を手でまさぐりながら取り出します。
後は煮詰めますが、形が残っているくらいにして、冷蔵庫で保管し、ヨーグルトに乗せて食べます。

画像


画像


梅干は洗って一晩水にうるかします。
その後、一粒づゞ拭いて、塩をまぶして漬けて置きます。
今年は、塩分を調整して何種かつけてみたいので、さしあたって10パーセントで焼酎を少し入れて、15日ほどおきます。
紫蘇の支度が出来るまで納戸におきます。


山の道端にオカトラノオが咲いていましたので、ハサミで切ってきました。
大好きな花、毎年この花に逢えるのが楽しみです。


画像



画像


今日は葡萄のつるの篭に、手ごろな花瓶を入れて、挿してみました。
オカトラノオは大変長持ちします。花びらが落ちてもそれはそれで、とても素敵な風情で、葉っぱだけになっても、
お水を取り替えてあげれば、しばらく楽しめます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年07月06日 13:24
さくらんぼのジャム^0^ すごく贅沢な一品って感じですね。足が早いくだものはジャムにするのがいいですね!
2009年07月06日 18:19
羨ましい1日を過ごされましたね~!う~ん、いいな! まだ予定が立っていません。せっついてみようっと。 オカトラノオ、自分も好きな花です。いつもステキな玄関、ぐっと和の感じが落ち着きますね。
2009年07月06日 20:26
オカトラノオが咲いているのですね。前に湖畔で見つけたのですが、葉なの時期を見逃してしまって・・・。ちょうど見ごろですね。
nobara
2009年07月06日 21:21
どんな所にいってもこのような楽しみ方は出来ませんよね~
A町のくーちゃんちの佇まいもすてきですね~
日頃、ちゃんとお手入れなさっているのでしょうね。
フンタン、大喜びで佳かったですね。
大変な量の梅や蕨やさくらんぼですね~
さくらんぼでジャム?なんてものすごい贅沢ですねーー(羨)
赤い実は ウスノキ(ツツジ科 スノキ属)かも。実の形が臼みたいに凹んでいませんでしたか? そして少し角張ってる?[カクミノウスノキ]ともいうそうです。未だ見た事ありませんが・・・
オカトラノオも自然に生えてるように活けてありますね~
これも考えたら贅沢な花材ですねーー




2009年07月06日 23:32
はー、羨ましい限りです。
毎年の恒例の行事ですよね。いいなあ。
梅酒が7キロに梅干しが10キロ? うっそー? 凄い。
フンタン君も十分に堪能でしたね。よかつた、よかった。
2009年07月07日 09:32
たくさんのお土産がうれしいですね。
さくらんぼのジャムですか。贅沢で、うらやましいです。
2009年07月07日 10:25
まぁ~凄いですねぇ・・・。
これだけの量を始末してしまうママンさんも凄い。梅酒1キロ作って満足している私は??サクランボのジャムほんと贅沢ですね。食べたことありません、食べてみたいです。フンタン君いっぱい遊んでもらって嬉しかったですね。
みこった
2009年07月07日 12:35
お久しぶりで~す! 今京都駅で東京へ戻る新幹線の発車時間を
待ちつつ、これを書いています。あまりに美味しそうでコメント
したくなったのです。ジャムはイタリアでは果物1kgに砂糖1kgが
基本ですが…。さくらんぼは梅干の汁(?)につけた梅干ヴァージョン
も大好きです! ではまた、ちゃお~!
2009年07月07日 20:12
さすが名産品の里、ウ~佐藤錦をジャムにとは恐れ入りましてござりまする。
フンタンはご満悦だしこの時期オカトラノオにも逢えて楽しい一日でしたね。

つれづれ
2009年07月08日 20:17
自然の恵みってすごいですね~
でも、ママンさんも書いてらっしゃるように、収穫するにはそれなりの手入れがされているんですよね。
我が家も数年前に、山の家にサクランボの木を植えましたが、雪が重くて折れてしまいました。
サクランボのジャムなんて食べたことありません。羨ましい~
蕨もこんな風に茂っていると、長く取れるのですね。
トラノオ・・とても自然にまるでそこに咲いているように活けてありますね。
素敵です。
自然の恵みをいただきながら生活するというのも、素敵で贅沢なことだと思える記事でした。


2009年07月08日 20:20
つれづれさん  ↑
間違ってコメントを掲載停止のところをクリックしてしまいましたので、コピーで掲載しております。申し訳ありません。
2009年07月08日 20:31
ジュリアナさん
コメントありがとうございます。
なまでも沢山戴きましたので、ジャムにしました。
ほんとに贅沢なジャムです。
2009年07月08日 20:35
mintさん
ここ数年、こうして恵みを戴いております。
山菜ももう終わりですね。
草丈が大きくなってきました。
ありがたく塩漬けにしました。
オカトラノオは地味な花ですが、一番好きです。花後も葉っぱが美しくしばらく楽しめます。
2009年07月08日 20:36
湖のほとりから・・・さん
雑草の中でそっと咲いているオカトラノオが好きです。
でも、こうして玄関に挿したくて、切って来ました。
来年も咲いてくれるでしょう~~
2009年07月08日 20:40
nobaraさん
そうでした、おっしゃる通りの形でした。
オカトラノオはほんとは自然の中に似合いますね。
パッチワークの先生の旦那様が何年と山で摘んでは届けてくれていたのですが、最近はなかなか山へもいけないようです。
その代わりのように、くーちゃんの山で戴いてきては、懐かしく楽しんでおります。
2009年07月08日 20:48
ヒゲおやじさん
採っている時は夢中で沢山になってしまい、またお二人が残しておいてももったいないからとおっしゃるので、ついこうなってしまいます。
今年も充分に楽しませていただきました。

2009年07月08日 20:50
森の生活さん
ほんとに贅沢なさくらんぼジャムです。
砂糖は少な目にして、さっと御馳走になります。
2009年07月08日 20:52
べべコママさん
ほんとに沢山でしょう~~?
かびないように頑張ります。
さくらんぼジャムは意外と見かけが地味です。
色もなかなかきれいに出来ませんので、形を残していただきます。
2009年07月08日 20:56
みこったさ~ん
ま~まだ日本にいらしたんのね~~(^o^)丿
果物1キロに砂糖1キロ・・・そうですよね。
でも高齢者ですから、砂糖は出来るだけ少なくして、そのかわり、チルド室で保存しながら、早く食べきるようにしております。
そうねぇ、山形では皆さんさくらんぼの梅漬けしますね。
これも、かわいくていいですね。
梅があまりにも多いので今年はジャムにしましたが、今後もしそんな機会があったら、やってみますね。
2009年07月08日 20:58
目黒のおじいちゃん
先日はオカトラノオアップしていただき、季節の予感を戴いておりました。
山でめぐり合えてうれしかったですぅ。
2009年07月08日 21:05
つれづれさん
全くの山の自然の中からと言うわけでなく、それなりにお手入れの行き届いた山の幸ですから、ほんとうに感謝ですね。
つれづれさんのところの最近の生活も、大変な面もあり、家族のふれあいと畑の恵みにとても感心しております。
蕨は畑のように沢山広く生えていますので、何時までもとれますが、
来年のために、この後全部蕨や草を、機械で刈り取って、寝かせておくようです。
2009年07月08日 23:48
こんばんは♪
山形といえばサクランボ!山形の代名詞のようですものね。
こんなにいっぱい。。山形のサクランボはお値段がいいので我が家では高級品です。。ああ~~こんなにいっぱい。生で、ジャムで。。ああ~~出るのは溜息とよだれです(笑)フンタンもママンもダディも楽しい1日でしたね
そういえばオカトラノオは初めて植物園でみて虜になったお花です
サクランボジャム食べてみたいな。。目がサクランボに釘付けです
2009年07月09日 08:09
コケコさん
こちらにもありがとうございます。
さくらんぼも私達はほとんど買って食べることはありません。
たまたま、地元ゆえ、結構戴けますので、ありがたく、一粒たりとも無駄にせずと思って、いろいろやっております。
山形へ転勤して来た時は、果物が毎日のように食べると言うことが、不思議なくらい、豊富な県だなぁ~~と思いました。
一日はとってもすてきなハイジィ~ハイバァ?(アルプスの少女ハイジ)でしたぁ。
オカトラノオは楚々としていいですねぇ~毎年季節には見たい!!って思ってしまいます。
さくらんぼジャム…食べに来て下さい~~。

この記事へのトラックバック