<藍と更紗に魅せられてパッチワークキルト作品展・・・<その2>・・・5

   さ~今回はママン達の布紗の会の先生だった 鏡さんの作品を一挙に公開いたします。


会場の入り口の外側にこれを飾りました。
                       <輝き>   62×83
画像


もう20年位前の作品ですね、小さい空間に様々な思いを託しています。




画像


                    <無限>   166×166
最後の作品となった大作、古布も素晴らしい上質の無地や更紗が使われております。
ピース自体も細かく、無限のイメージが膨らみます。白い部分は上質の帯芯がつかわれています。



画像


                     <あいのワルツ>   259×200
ベットカバーとして作ったもので、ダブルウエディングのピースの繰り返しで濃淡は型染めの素晴らしいものが使われています。白い部分はやわらかい帯芯です。




画像


                      <宝づくし>   180×170
宝尽くしの筒描文様がまっ白に抜かれている貴重な布団地の布をそのままパッチワークで包みこんでいます。
布団と言っても、かなりの年代もので、旧家、商家などのお宅にしか存在しないような布です。
藍が未使用の布で、まるでビロードのような光沢を発します。
周りの型染めも浅黄の素晴らしい布です。



次の3作は、シリーズで春秋冬を表現しています。

画像

                        <春霞>   92×142
かすみたなびく桜の頃をイメージした、淡い更紗や型染めが素敵です。一つのパターンを少しづつ変化させています。




画像

                       <晩秋>   117×142
えんじ色をうまく組み込んで秋の深さを表現していますね。
このパターンも大変表現力のあるものですね。   



画像


                       <樹氷>   130×103
旦那様の蔵王の樹氷の写真をモザイク風に表現し、遠近感のあるとても素敵な絵のようなキルトです。
淡い色のこういった布はなかなか手に入りません、麻も少し使っていますね。





画像

                     <藍生>   (らんせい・・・・合作)   235×206
先生の残したピースと製図を元に会の皆6人で沢山の思いを込めて作った、藍生です。
大変大きく、藍も深く、ご覧戴いた方たちからもよろこんでいただきました。
少しでも先生の思いに近づけたら幸いです。






画像


                   <行く末>     65×103
海上の嵐と言うパターンを明快に使った作品、小品ですが、上質の布が見る人を飽きさせません。





画像

                       <花かるた>   163×227
ベットカバーとして作ったそうですが、筒描の布自体がとても貴重なものです。
牡丹に蝶、ふちの紅の部分にも蝶がおり、この布が先生のところに来た時は、まさしく運命の出会いのように感じたようです。



                      
画像


                <布帳キルト101>   213×209
100種類の型染めを配置し、布帳と呼ばれるキルトの大作。
縞なら縞、更紗なら更紗で見本帳のように、全種類違う布を使い、作る方法です。
集めた型染めは、布としてもすばらしい上質のものばかりで、何時までも見ていたいとおっしゃる方が何人かおりました。




画像

                <ファーストキルト>    81×110
先生が習い始めて初めて作ったキルト。まだかわいらしさが残る作品ですが、さすが色の配置などはすでに完成されていますね。




画像


                  <布絵   行灯>   額装
布絵の本を参考に会の皆で作りました。先生の作品はさすがに品格があります。
行灯の白い部分の布はすばらしい刺繍入りの時代物です。



なかなか、実際の作品の色を写真で再現することが出来ず、説明のように感動をお伝えできません。

            すばらしい先生にめぐり合った幸せをこれからも大切に、
                      自分の生き方にもつなげていけたらと思っております・・・。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年11月18日 21:50
恐るべし、パッチワーク。ここまで表現できますか。
元々の始まりは全然違うところにあったのでしょうに、今や芸術の域にまで達しましたね。素晴らしいです。現物を見てみたいですね。
花いちもんめ
2009年11月19日 11:40
パッチワーク作品展、もう感嘆!!!
素晴らしいですね!
何と言ったら~言葉が見つからない
実物を見たら、もっと驚くんでしょうね~♪
2009年11月19日 22:07
胸キュンです
美への追求が、研ぎ澄まされていくのがかんじられます
素晴らしいですね
見せて頂き感謝です ありがとうございました
2009年11月20日 08:27
パッチワークの作品すばらしいですね。
何回も繰り返し見ています。
小さなバックとかポーチは見たことがありますがこんなに大きな作品を見たことがありません。
近くでパッチワークの作品展があったら見に行きたいです。

2009年11月20日 09:57
しっかりママンの作品にも通じていますね~
ママンのなかに先生が息づいていらっしゃると改めて感じました。
みんなで力を合わせて仕上げた作品。素晴らしいです。
素材も厳選されていると感じました。
心が癒されていくのを感じました。うございました。
2009年11月20日 12:37
前ページのママンさんたちの作品から見せて頂きました。一つ一つ拡大して・・・。ただただ驚嘆です。本当に素晴らしい!本物を見てみたいと心底思いました。
2009年11月21日 05:18
おはようございます♪
素晴らしい作品ですね~
先生は亡くなられても、作品は残りこうして作品を見た方達を感動させる・・見事です。
ママンさん達の想いが伝わって来ました。
2009年11月21日 12:39
大きな作品と素晴らしい作品
皆さんの感性が伝わってくるようです。
ものを作るというのは本当にいいものですね。
たくさんの作品を残された先生の遺志を皆さんで
継いでいってくださいね。
2009年11月26日 17:12
ヒゲおやじさん
花いちもんめさん
コケ魔女さん
ほたるさん
nobaraさん
べべコママさん
せんこさん
ろこさん

皆様温かいコメントをありがとうございます。
心より嬉しく拝見しております。

5日間、毎日沢山の方々においでいただき、ありがたく嬉しい気持ちでいっぱいでした。

東京から帰り、少し集中力がなくなったように動きが鈍く、お返事もこんなに遅くなってしまいました。

今日、やっと元のように元気になりました。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック