少しうれしいお話・・・  &  少し心配なお話・・・

今日は少しうれしいお話と、少し心配なお話

うれしいお話は、ママン達のいままでのパッチワークグループで作った<藍生(らんせい)>が東京国際キルトフェスティバルのグループキルトの部で、一次審査を通りまして、実物審査の2次審査へ進みました。

パッチワークの先生の思いがけない早い旅立ちで、ママンたちは今までの思いをこめて、先生の残された製図と布、4分の一ほどの作りかけのピースをもとに、2年がかりで完成しました。
遺作展もしました、その会場に<藍生>も展示しました。

そのときの作品です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

画像

                     <藍生>   (らんせい・・・・合作)   235×206
先生の残したピースと製図を元に会の皆6人で沢山の思いを込めて作った、藍生です。
少しでも先生の思いに近づけたら幸いです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

先生の旦那様に、作品をお借りしたい旨ご連絡をしましたが、早速持ってきてくれました。
11月のはじめに東京へ送ります。

ママンの最上川・・・は落選です・・・・ぅう


さて、こちらは少し心配なお話。
いつもブログに遊びに来てくれるママンの故郷の同級生、ももたん。
最近メールを戴き、腰の具合が中々改善せず、近々手術することになるとのこと。
7月の連休に一泊旅行したときも痛そうでした。
2ヶ月の間にかなり痛くなってしまったそうで、この後大学病院へ入院して検査するとのこと。

私たち、先は短そうで、まだまだ長いから、良くなってまた楽しみましょうよ!頑張ってね!!っと言いました。



また、昨日は比較的近くに住んでいて、<一緒に働いて同じ日に会社を退職>したKちゃんが心臓発作で倒れたと聞きました。
ふだんあまりお付き合いはありませんが、同じ年ですし、心配ですね~

ママンの物忘れもひどいけれど、体が悪いのも大変です。
若々しくしているけれど?中身が少しづつ弱っているのですねぇ。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ももたん
2010年10月21日 20:38
みなさんの共同制作された作品が一次突破とはすごい。恩師への思いが
作品に凝縮されたのでしょうね。二次審査も通過することを期待してますよ。
あなたのチャレンジ精神に拍手。熱意は必ず報われますよ。

ご心配をかけました。手術をすることになったとたんに、だるさと痛みが軽減しました。精神的なものなのかしら?。手術しないには症状は進行するそうですから、近いうちにまな板の鯉になるのは必至です。手術の怖さより、元の状態になれる期待感の方が強いかなあ。
2010年10月22日 09:32
ママン、やりましたね~~
先生もきっとお喜びでしょうね~ほんとに佳かったァーーー
ももたんさんも仰有ってるように“恩師への皆さまのお気持ち”
それに尽きると思います。きっと次のステージに進みますよ!
ママンの最上川・・そうでしたか・・
でもママンの頑張りはみんなが判っていますからね~
長く体も使っているとあちこち軋みがきます。
やんわりとそれを受け止めてそれでも一歩前へ~の気持ち。
2010年10月22日 10:18
ももた~ん
コメント有難う~~
素直に喜んでおります。
2次も通ってたくさんの方に見ていただきたいと思います。
すばらしさというより、みんなの思いがひとつになってこんな作品になったことを知ってほしいと思いますけど・・・グループキルトはほとんどが楽しい作品が多いので、これもまた・・・!!むずかしいですね。
ももた~んのことをブログのネタにしたようで、ごめんね的な面もありますが、実際、我が家の二人とも健康と言うものを今目の前に突きつけられて、どうして現状を見つめなおしていくかすごく考えさせられているからです。
足関節や腰は夫婦共に痛みを抱えていますので、楽しみたいことが出来なくなることがしばしばあるからです。
そうよ、手術の先に希望を託してがんばってみましょう、でもあせらないでね。
時間もかかるでしょうから。
応援しています。
2010年10月22日 10:26
nobaraさん
ありがとうございます。
ほんとにたくさんの方に見ていただけるといいのですが。
このような作品は今までのグループキルトには余りありませんので、心配はしております。
でも、一次通っただけでも、皆喜んでいます。
ママンのは今年のは落選で当然かな~~っと思っております。

そうですね、<やんわりとそれを受け止めてそれでも一歩前へ~の気持ち・・・とってもいいお言葉ですね。
やんわりと自分で自分をいたわりながら、それでも少しは前へ!!
何事にも通じることですね。

2010年10月24日 00:14
それは素晴らしい。ブラボー! 是非二次審査もパスしますように。
まあ、この年になるとどこかここか悪いところがあるものですよ。
ヒゲおやじは、そういうものだと割り切っています。若いときのように頭も冴えて体も元気だったら、その方が気持ち悪いですよ(笑)。
年相応、それが当たり前ってことですよ。
2010年10月24日 18:23
藍生、素晴らしいです。とっても好きです!
ママンさまは、生ある身でいらっしゃいますので、どうかパッチワーク当選されますように!
2010年10月27日 09:36
ヒゲおやじさん
クロゼット☆ライターさん
ありがとうございます。
グループの皆さんもとっても喜んでおります。
2次通ってくれると楽しみも増えるのですが・・・
ヒゲおやじさん
そうですよねぇ~~老化…じゃあなくて、老人力でしたね~~。

この記事へのトラックバック