11’5月連休二人旅・・・その3 <愛媛県 松山城・砥部焼・道後温泉>(5/1)

さ~今日は一日愛媛県でフリーデイ。
今晩も松山に泊まりますから荷物はショルダーバックひとつです。昨日は松山のホテルに着いたのが遅かったけれど、今日も元気です。


松山といえばブログでいつも拝見しております<ヒゲおやじさん>のお住まいのところですねぇ~
出来ればお会いしたかったのですが・・・・恥ずかしくて御連絡を致しませんでした~~(~_~;)


手はじめに、松山城へ・・・お城を見るときは出来るだけ早い時間に行くのがお勧め!
人が少ないので、ゆっくり見られます。

しかしぃ、松山市って大きいのですねぇ~~山形の約2倍の人口で50万都市ですって!!
電車も走っているのに道路もしっかりしているしぃ。
こんなに大きな町とは思っておりませんでしたねぇ。

ホテルから歩いて町並みを楽しみながら、坂の上の雲ミュージアムに着きました。
画像


お城までロープウエイで登るのですね!!っと思ったら、乗ったのはスキーで乗るような一人リフトでした。
ゴンドラも平行して運行していました。
画像



リフトの下にこんな言葉が見えます。
画像

            赤い糸 50年経ったら 金の糸

     いやあ、面白い!ねぇ~~
我々はあと何十年あるか?  いいえ!何十年なんてありましぇ~~ん。あと、7年ですぅ。
その時には金の糸になるように・・・・。


さて、お話を元に戻しましょう。

松山城の歴史については省かせていただきますが、さすが名にしおう~~名城ございます。
時間もゆっくりと掛けて天守閣までのこまごまとした部分をみたり、中で上映されていた復元工事の様子などを板の間に座ってじっくり見ました。
見るお城というより、実在したお城というか武士の時代を実感するような造りですね。

心地よい風が吹き抜けて、時間を忘れそうな空間もあり、しだいに人も増えてきましたが、大変印象深い去りがたいお城でした。

画像
画像

画像

画像

画像

画像


境内で松山城のマスコットきゃら<よしあきくん>と写真を撮ったり、名物のソフトクリームを食べたりして子どもみたいな時間もゆっくりと楽しみました。


その後セットで入場券を購入しましたので、坂の上の雲ミュージアムも見ました。
TVでは全編を見ていましたので、なつかしく見学してきました。


その後、砥部へバスで出かけました。
焼き物もママンは大好きです。伊予鉄バスで約1時間くらい。
砥部焼伝承産業会館で、砥部焼とは?というような器をたくさ見ました。
ちょうどそこで展示会をなさっている御夫婦の作品を見ました。<長戸哲也・順子御夫妻>

画像


普段使いの中皿と、セットで小皿を一枚買いました。
画像



もうかなりお昼が過ぎていて、食べるところも見当たらないので、直ぐ近くにあったスーパーで昼食の品を買って食べて、またバスに乗って松山市内まで戻りました。



今度は、坊ちゃん電車を見たりしながら、満員なので普通の電車に乗って<道後温泉>へ出かけました。電車で20分くらいで着きます、近くていいですね。

画像




着いたのは午後4時頃。
さすが人気の温泉地。すばらしい人出です。
画像


画像




道後温泉に来たら、ぜったい本館の神の湯・霊の湯に入らなくってはというので、並びました一時間・・・!!
3コースありまして、霊の湯でも個室の方は1時間半、大部屋で1時間、神の湯は直ぐ入れるとの事。

ま~お口の達者な係りのおじ様の話術で退屈もせずに待ち続けることができ、めでたくご湯入となりました。

時代劇に出てくるような畳敷きの大広間に浴衣篭?脱衣篭?というのでしょうか・・・が、ずらりと並んでいて、おタオルと浴衣つきでご案内されていって、おふろに入りました。

思ったよりず~~っと小さい霊(たま)の湯でしたが、これがなんともよいお湯で、一日歩いてきた疲れがす~~っと消えて、不思議なくらいでした。
人数がごちゃごちゃしないように、入場を制限しているのでゆっくりした気分で入られるようになっているのでしょう。
だから、待ち時間が長くかかったのですね~。

その後、神の湯にも入りましたが、そちらは大衆銭湯のように大きくてたくさんの方が一緒に入るようになっていました。だから、待ち時間がほとんどなくても入れるようになっているんですね。
天井も高く、よき時代の銭湯を感じさせます。

湯上りに坊ちゃん団子を食べて、お茶を一幅戴いて、その後で説明つきで館内を見学しました。

夏目漱石が使った部屋というのもあり、皇族が入浴されたお風呂なども見ました。

画像


すっかり夕ぐれて、道後温泉はますます人が増えてきました。

画像


画像


画像


画像



気持ちの良い夜風に吹かれながら屋外のパーラーで、ビールや太刀魚の竹串焼などをほおばっったり・・・・素敵な一日でした。

もう夜の8時・・・電車でまた松山へ帰り、町の居酒屋<あかり>で、ほータレいわしの天ぷらやメバルの煮つけなどでもう一杯やりました。ほータレとはほっぺが落ちそうに美味しいという意味らしい~~(^o^)丿


この日も歩きましたねぇ・・14866歩・・・・Gggggg・・・・














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年05月17日 10:09
松山、いいですね~大きな街でしょう?
そして人もいっぱいで嬉しくなっちゃいますね~
私も四国は香川あたりしか行っていません。
松山も是非に行きたい所です。ママンのレポートで我慢!
砥部焼って青の大きな絵柄が浮かびましたが・・
ママンのgetなさったのは青磁みたいで素敵ですねーー
14866歩←よく、歩きましたね~またもや完敗です。ぁはは
2011年05月17日 12:43
広島へ行ったとき、松山城、道後温泉いきました。10数年前のことですが、どんなだったかなぁって・・・ママンさんの写真で思い出しています。ほんと、この日もよく歩いていますね、凄い!!
ももたん
2011年05月17日 20:39
1週間の長旅 お疲れ様でした。歴史に全く弱い私ですが夏目漱石ゆかりの場には興味を持ちました。若かりし頃に夢中になって本を読みあさったことを思い出しています。道後温泉、名前をよく耳にしますよね。機会があればぜひ行って見たい場所です。
それにしても夫婦仲良く1週間とはおそれいりました。私たちわがまま夫婦は翌日にはもう気まずい空気になってると思います。でかけるんなら、お友達と一緒がいいな。
旅行好き
2011年05月18日 02:01
ちょっと気になる情報が載っていましたので立ち寄らせていただきました。
また機会ありましたら立ち寄らせていただきます。
その節は、よろしくお願い致します。

松山の宿泊リストです。
http://shopping8778.sakura.ne.jp/htvl/ehime/?area=chuuyo
2011年05月22日 20:41
nobaraさん
松山、大きい町なんですね~
福岡を思い出しました。雰囲気的には違いますが・・・。
電車はいいですね~昔秋田にも電車が通っていましたので、なつかしく何回か乗ってきました。
砥部焼きの特徴は今一わからないまま帰ってきてしまいましたが・・・
青磁っぽい色が夏に向けて涼しそうでした。
毎日使っています。
ほんと、毎日歩きますね~~この日は疲れませんでした。
2011年05月22日 20:45
ももた~ん
ありがとう~~
出発するぎりぎりまで迷っていましたが、行って来ました。
毎日歩いて食べて見て、夜はその日の行程を復習して、次の日の予習をして・・・喧嘩していると前に進めませんので、仲良く?やっていますよ!!
道後温泉は、なかなかよかったです。
松山はぼっちゃんづくめですが、なかなかいいところですねぇ~
もう一回行ってみたいです。

この記事へのトラックバック