ただいまPC故障中・・・・・  映画<北のカナリアたち>  &  <あなたへ>

先月31日からPCが故障しまして今修理中・・・2週間ぐらいかかるようですです。


そのため家にありますほかの住人のPCを拝借しております。

ま~なんとも心もとないことですが・・・・・ブログ更新できないのはそればかりではなく!時を同じくして・・・
ビッグローブさんのせいです!
さ~そこでとりあえず、この数日間のメモを・・・・・よく操作が分からないので、文章のみです(-_-;)

10月31日

北のカナリアたちの先行上映&舞台挨拶つきの<吉永小百合>さんにお目にかかりたいばっかりに、県民会館特別上演を見に行ってきましたべさ。

予定時間の1時間半前に県民会館前に着きました。駐車場に車を置いて、すぐ手前にあります文翔館のお庭の紅葉を見ながら行きました。
                    (写真挿入予定・・・)

美しい景色の向こう側、県民会館の前が異常に騒々しい!
なんとすでにた~~くさんの1000人くらいの方がお並びでござんす!のよ!

すごい人気ですね~~
ママンたちも大急ぎで並びましたがもう道路の裏側のほうです。
入場券はすでに持っておりますから入れないことはないのですが、座席がすべて早いもの順なんですねぇ。

なんでも12時半なのに、朝8時から並んだ方たちがおられるそうで・・・。


しかし、実際に吉永さんのお目見えは約15分くらいだったでしょうか、監督さんと若い男優さんとで2~3の質問にお答えしたというような感じで終わりました。

ま~たまげたものですね~、もう少し、じっくりとお話を・・・・お聞きしたかったです。
TVで拝見するそのまま、まだ少女のような雰囲気です。


肝心の映画のほうはすぐ始まりました。
・・・・・・・・・う~~んなかなかよかったけれど~~何かあらすじの重みが・・・・
カナリアたちが集まる必然性が・・・・

今の世!映画は描きすぎる傾向にありますので、その点わざと描かない部分があるのか。
愛とか生き方とかを見る側に向けて投げかけているのかしら~~

でも~~ぅう~ん。ちょっと物足りなかったかな。



そして、11月4日(日)
映画  <あなたへ>
高倉 健さん主演、遅く結婚した妻を病気で亡くします。
最後に散骨を望む妻の気持ちが素直に納得できない・・・・マジソン郡の橋という映画でも散骨しました。
その時は納得できたのに、今回はなにかがひっかかりました。
その他の登場人物たちがあまりに有名人で、高倉健さんのイメージと合わない気がしました。
これはあくまで私の主観です。
やはり、北のカナリアたちと同様に夫婦の深い心理の描写が足りないような気がしました。

映画っていつも思いますが、娯楽として見るはずが、もっとそれ以上の残像を求めてしまいますね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年11月06日 12:37
こんにちは~
お久しぶりです~(^_-)
ウェブリーと一緒にPCも故障ですか・・何もしなくても何か寂しいような気になりますよね・・私依存症でしょうか(笑)
この所、私も映画に嵌ってまして、3本続けて観ました。
月曜にお休みをとるようになって、もちろんレディースデー狙いです(笑)
「中島みゆきのコンサート映画版」を見に行ったら、面白そうと・・ん?先週見たばかりなのに、何を見たのか思い出せない(-.-)
そうそう、「終の信託」なかなか良かったですが、役所さんに草刈さんが負けていたかも(^^ゞ
そして、昨日は「ウォリスとエドワード」これは結構見ごたえありました。
ミーハーな私ですので、衣装を見ているだけでも良かったです。
2012年11月06日 17:33
まぁーママンに合わせてくれたのね~biglobeは!
私も合同の誕生会やら何やらで忙しくしてたので不自由は感じませんでした。ただ、アップする記事の作成中で突然のメンテでしたから、焦りましたが。5日経ち再開するときはそっくりそのまま、でしたから、それには感動しました。ただ記事の繋がりを把握するのに時間が掛りました((+_+))

あなたへの薄香の散骨は、彼女の生まれ故郷だからですね~
そうせざるを得ないような思いがあったのでしょう・・
それより重いドラマがありましたね。
その事実を知ってるのは夫婦と大滝秀治さん役?だけだった。
自分を抹殺してなお生きるというのは、理解できなかったです。
その事実を知った以上「自分は鳩になる」決意をするんでしたね。

小百合ちゃんは20代の役もこなすの?
いつも思うのですが・・少々~無理もありますね~
美しくて鍛えているお方ではあっても、ですね。
どうしよっかな。観るべきか否か・・時間がないんですよ。
2012年11月08日 19:07
つれづれさん
こんばんわ~~
新しいPCでやっとお返事ができます。
やはり年齢の差でしょうか~~見る映画も違いますねぇ~~(^^ゞ
ちょっと空いた時間でも映画を見るのはいいですね。
ママンもいつの間にかPC依存症かもしれません、でもそれもいいではありませんか。PCに向かってちょっとメモルのも自分探しのようでいいと思っています。
映画ももっとつれづれさんのようなのも見てみたいです。
2012年11月09日 20:10
nobaraさん
お返事遅くなりました~~。
なにしろ慣れないパソコンで、何度も途中でコメントが消えてしまうのです。
やっとその原因がわかりました。
今度はうまくいきそうです。

長すぎるメンテは腹が立ちますけれどしかたがないですね~^^

映画、nobaraさんのブログを見てしっかり見たくなりました。
両方ともママンのような年齢の者には近年にない穏やかな気持ちで見ることができました。
小百合さん、あまりに期待しすぎて、先行上映でのご挨拶は本当はそんなものなのでしょうが、ちょっと残念でした。
映画のほうも納得する心の重み・・・とでも申しますか、なにかもう一息踏み込んだものがほしかったような気がしました。

この記事へのトラックバック