今年も納豆汁・・・・を作りました。  &  塩釜の活きほたてをいただきました~バター焼き

 冬野菜を豊富にいただきましたので、今晩は<納豆汁>を作りましょう。

大根・里芋・人参・ごぼう・しいたけ・平コン・油揚げ は サイコロ切りにして水をたっぷり入れて煮ます。
いもがらは水に戻してやはり一口大に切って入れます。
画像

                     いもがらは納豆汁には欠かせません。
画像

                     里芋も必需品です。一センチくらいに切ります。

画像


画像

なめこ・白菜はほとんどが煮えてから一口大に切って入れます。

納豆はすり鉢で半殺し程度に潰しておきます、練らないように。

豆腐・納豆は材料が煮えて味噌味を整えてから入れて沸騰させないように煮ます。

ネギ・セリをみじん切りにして薬味として上にのせます。
画像


画像



今回は14種類入れました。

蕨やぜんまい、塩漬けしておいた野菜や蕗やたけのこなどを塩抜きして一口大に切って入れてもいいでしょう。

これだけの野菜を入れて煮るのは現代のほうが大変でしょうが、昔は家にある野菜などを全部活用して作ったのでしょうね。
納豆だって昔は自家製でしたものね。

このような料理は山形のみならず、秋田にも<きゃのこ汁>という名称でありましたし、青森でも<けの汁>というのがあるようです。
参考まで昨年検索で見つけた<きゃのこ汁>の記述を載せて見ました。

 
 きゃのこ汁についてはこちら

  
生活の知恵が作った料理ですね。

ちなみに、我が家の孫っちたちは食べたがりませんけど・・・・。




さ~若ママの実家から塩釜の活きほたてをひと箱いただきました。
お泊りで出かけたようです。
画像画像


ステーキ用のナイフで貝の間に差し込み、こりこりと一旦貝殻からほたてを切り離します。ぴくぴく動きますよ!
貝の深くなっているほうにのせます。

画像

バターを2~3gくらい貝の中に入れて、魚焼き器に並べて5個一緒に9分でぴったり焼けました。



画像

とってもおいしくて、一人2個づつみんな食べました。ありがとうございます~~。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

はいむ
2012年12月11日 21:37
あらまっ。美味しそう。
納豆汁は、年末年始のリクエストメニューに入れてちょうだい。・・・といってもずうずうしいから、ちゃんと製作から手伝いますゆえ(笑)もうすぐだね~。年末年始楽しみだな~。
2012年12月15日 19:31
はいむ~~
おいしかったようぅ~~
納豆汁は作ろうね~一緒に。
おもちとか、ピザとか、ぷくお嬢とね、楽しみにしていますよ!!

この記事へのトラックバック