旬の筍・・・・淡竹(はちく)   ながめて、描いて、煮て   三度も美味しい~~

ダディのお友達から旬の野菜、ホウレン草やエンドウ豆、にんにくの茎等と一緒に<筍>をいただきました。
孟宗とも黒竹とも違う、なんとも愛らしい。

ネットで調べて見ました。
 < 淡竹 > というらしい。
あくやえぐみがなくあく抜きの必要がないらしい。



画像



早速スケッチしました。
というのも、七十の手習いで、四月から、ひょんなきっかけから月一回のペースで教えていただける <絵手紙の会> に入りました。
この会は絵手紙に決まりはないという非常に自由なご指導で、大変気に入りました。



ちょうど、今月の宿題が<孟宗>でしたが、もう孟宗はスーパーなどにも少なくなりましたので、これはちょうどいい~~っと思い、早速描きました。

画像



そのあと、身欠きにしんと味噌煮にしました。少し甘くしてみましたが、大変おいしかったで~~す。
画像



よく<はちくのいきおい>と言いますが・・・・・淡竹とは違うんです~~

=破竹の勢い=

刃物で竹を割ると、最初の一節が割れればあとは一気に割れていくことから
『晋書』杜預伝の「今兵威已(すで)に振(ふる)う。譬(たとえ)ばを竹を割るが如(ごと)し。數節(すうせつ)の後、皆刃(やいば)を迎へて解け、復(また)手を著(つ)くる処(ところ)無し。(今こちらの軍の兵威は盛んであり、それは例えるならば竹を割るときのようなもので、刃を当てれば数節の先まで割れてしまうのだから手を施すことはもう何もない)」に基づく。
ということだそうです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年06月12日 22:23
私の田舎では コサンダケ と云っています(五三竹)
正式名はホテイチク(布袋竹)というそうですが・・・
ハチクとは少し違うのでしょうか・・・
わたしはこのコサンダケが大好きで・・
九州ではこれの干したのを売っています(道の駅などで)
それを煮るとまた美味しさが増します。
母を思い出す食べ物です。
素敵な絵手紙ですね~『今でしょ』が効いています (^o^)丿
2013年06月13日 18:24
節の物を頂くと身体が活性化する様に感じますね。
絵手紙始められ、日々の生活の中に「素材」探しも楽しい事でしょう。
また「新作」をご紹介ください。
2013年06月15日 21:02
nobaraさん
この筍名前微妙です。
ママンもたくさん検索してみましたが・・・
筍の皮の青い部分との境目にちじれた毛があるのですが・・・
それと東北では破竹かな~~とか思っております。
絵手紙、まだ2回しか言っておりませんが。
皆さんお年の方が多いので、比較的のんびりと楽しく描いてはそのあとのお話合いがとってもお勉強になります。
もともと絵が好きなので、絵手紙ですと時間的にも負担にならずに楽しめるようです。
<今でしょ>はママンがにょきにょきのびるいつのびるの?っと言ったら、S君ほか家族が皆で<今でしょ~~>って言ったのです(~_~;)
2013年06月15日 21:05
suikoushiya さん
下手の横好きですが、絵手紙でいろいろな事柄にお話が飛ぶのが楽しいです。
はい!これからもず~ず~しく載せていきたいと思っております(^O^)
2013年06月19日 06:42
山形ママンさん ご無沙汰してすみませ~ん。
ずずずいーっと拝見させていただきました。
蔵王のお掃除ありがとうございました。市民の皆さんがあんなに沢山清掃作業してくださるから気持ちよく過ごせる山なのですね。
わあい、絵手紙を始められたんですね。
淡竹の絵、素敵!添えられた言葉がまた素敵!
美術やっていらしゃったから絵を描くのも楽しいでしょう?。
これからも是非いろいろ描いたものを見せてくださいね。私も今日はデッサン教室の日。おしゃべり楽しんで来ま~す。
2013年06月26日 16:33
けっこちゃ~ん
こちらも大変お返事遅くて申し訳ありません。
絵手紙始めました~~
絵を描くと嬉しいですね~~。ず~~っと何にも書かないで何年も過ごしてしまいました。
この年ですからちょちょっと描けるのがいいですね。
けっこちゃ~んも楽しんでやっているのですね。
はい!これから時々アップしますね(~_~;)

この記事へのトラックバック