7月3連休は・・・その1   故郷秋田へ   母は91歳

うっとうしい季節・・・・土曜日山形から新庄までは新幹線・・・経由・・・各駅停車の鈍行の旅~~で秋田まで行ってきました。
2両編成の電車はつり革がたくさんぶら下がった2列のシートしかありません。
乗っても乗ってもなかなか秋田には着きません。

緑の田園がこんなにまだ日本にはあるのねぇ~~っと思わせてくれるくらい続いているのが
せめてもの癒しか~~   変化のない平坦なローカル線の旅でござりまするぅ~~。

おまけに天候の悪化で上り電車との待ち合わせが多く・・・・秋田に着いた時には本当に老体に堪えました。

今回はママン一人旅です。(ダディはいろいろな行事が重なっておりますので)
一日目は実家へのお泊り。
秋田駅よりローカルな路線バスで懐かしい我家まで・・・。

着いてどうにか元気そうな(実はかなり大変そうな感じですが・・・・)母がいつものように椅子に座って待っていてくれました。

画像


それでもお茶を飲みながら近況報告してくれます。

畑を見せてもらいました。
少し離れた貸家の敷地内の畑

画像

今は母は畑の顧問のようです(~_~;)

母、兄夫婦、4人で・・・心のこもった夕食をゆっくりご馳走になりました。
採れたての野菜をふんだんに使ったおひたし類はママンがまだ実家にいたころからの大好物なのをお義姉さんは覚えていてくれ、沢山出してくれます。
中でも生のジュンサイは旬でもあり最高でした。
画像


明日は、兄夫婦は釣りの大会が横手であるそうです。

夜は91歳の母の部屋で語り明かそう~~~と、「今回は母の部屋で寝たい」と思って前もってお義姉さんに布団の準備をお願いしておきました・・・・。

きれいに片付いた部屋は昨年より広く簡素に片付いていました。
まあ~~きれいにしているのねぇ~~っと言うと、昨年来体調が急に悪くなることがあり、お医者さんを呼んだり救急車っと言うことも考えて身の周りを少し整理したそうです。
そうなの?
んだたって年だものぅ~~
ぅうん~~そうだねぇ~~、いいことだよ。

そんなおはなしを始めてまもなく・・・・、母は眠れるお薬を飲んだので・・・安らかに寝入ってしまいました(~_~;)!
今夜はゆっくり話そうと思ったのでしたが・・・母も91歳ですものねぇ~~。
ママンも旅の疲れでぐっすり寝てしまいました。


次の日、兄たちは午前3時に釣りの大会に出掛けました。

ママンと母は6時半ごろからベットの上でゆっくり話しながら<NHKじぇじぇ~>朝ドラを見てから起き出しました。

お義姉さんが用意していてくれた朝食を食べて、お茶を飲みながらまたひとしきりおしゃべり。


じゃあ元気でね!また来るから。

母はまだ頭の方は本当にしっかりしています。
足が弱くなって歩くのが大変ですが、自分の身支度などはまだちゃんとできます。
声が大分弱くなっているようですが・・・もう少し大丈夫でしょう・・・・。


10時には母一人を残して、すぐ5軒ほどお隣に住んでいる同級生のお宅へ向かいました。

                        <   つづく  >

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年07月26日 09:56
お母様、どことなくママンを見ているようです。
やはり親娘、似ていらっしゃるのでしょうね~
かくしゃくとなさっていて、素晴らしいです。
ご実家にお帰りになるとそうやって待ってて下さる方がいらしてほんとうにお幸せですね~
ほのぼのと温かい気持ちになりました。
2013年07月26日 19:57
ばあちゃんに会いたくて涙が出てくるよ。
去年は、5月と8月と思いがけず2回も会えて嬉しかったけど、今年はどうかなあ。お盆は5日間しかないから、秋田までは行けないだろうなあ。ママン会えてよかったね。
2013年07月30日 20:56
nobaraさん
何時もながらお返事が遅くなって申し訳ありません

そうですね~年と共にそっくりになって来て、ここまで似なくてもいいのにと思うほどに似ております・・そうです、ダディが言います。

長生きするのはうれしいですが、やはり年齢とともに難しいことも出てきております。
なるべく顔を見に行きたいと思っておりますが・・・。
早くお母様を亡くされたnobaraさんにすれば…幸せなのだと思います。
2013年07月30日 21:01
はいむ~~
ば~ちゃんの部屋で寝たのだけれど、ママンに別途を譲ってくれて、ママンが布団の方に寝ると言っても聞かないの。
そんな母の気持ちを素直にうけて、ベットで寝ました。
母はまもなく寝てしまいましたので、ちょっとホッとしました。
母にとってはまだママンは娘なのですね~~
帰りにはいつものように一万円くれたの。それもありがたくもらってきました。
あと何回会えるかなぁ~~何にもできない娘です。

この記事へのトラックバック