<’14 5月連休二人旅>おきなわ・・その4(5月1日)八重山観光フェリー<ていーだコース>竹富島

さ~~今日の最終コースの竹富島です。
15:30頃竹富港に着き、この島ではコースを選択してオプションで回るようになっていました。
たとえばレンタサイクルとか水牛に乗って島の中を回るとか・・・・

帰りのフェリーが何本かの中から選べるというので2時間半以上は竹富にいる事が出来ますので、ママンたちは歩いてゆっくり回ろうと思い、200円で<たきどぅん>発行の島の地図を買いました。
町並みが重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。
竹富港から保存地区までは15分くらいかかりますが、のんびり風景を楽しみながら行きました。

画像

港からの歩道にデイゴの並木がありました。
画像



島の所々で自生の月桃の花が強烈な良い香りを漂わせています。
画像


路傍に立派なお墓がたくさんあります。
本州とはかなり違ったものですね。
画像

画像



石垣に囲まれた風景がかなり広い範囲で保存されています。
一歩踏み入れると別世界のような静けさ。
画像

画像

高い石垣に囲まれた独特の民家が並んでいます。
画像

この植物は<ギンチョウ>というらしい。すごく変わっています、石垣にたくさん生えています。

赤山丘の国の登録有形文化財の(なごみの塔からの家並みは美しい。
画像

画像


画像

画像


まちなみ展示室や竹富民芸館をのぞいたり、手入れされた保存地区の花々を見たりしながら、2時間ほどめぐりました。
画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像


ここを見なければ沖縄の雰囲気がしないというほど観光化されていますが、しかし、この保存地区で暮らすということは大変な日常の努力が必要だと思われます。
便利な生活に慣れ親しんでいる自分たちへの警告をも感じますね。
画像

画像

画像


様々な思いを胸に、竹富港から石垣港へ帰りました。
今日は一日曇り少し雨のお天気で、まあまあ観光には支障なく過ごす事が出来ました。
もうこちらは梅雨入りらしい~~。

夕焼けも楽しみにしていたのですが、まだ見られません。

ホテルに帰った時はすっかり暗くなっていました。

今晩は<島唄>が聞けるライブハウスに行きたいと思って出掛けたのですが、どこでも予約優先で断られましたので、ふらり<一魚一会(いちぎょいちえ)>という居酒屋さんに入りました。

相席でぎゅうぎゅうですが、おかげで長野・大阪の御夫婦とすっかり打ち解けました。
これから行く宮古や沖縄の良かったところの情報もゲットして、また今まで行った旅行先のお話や、生き方まで語り合い、2時間ほどを過ごしてほんとうに楽しかったですぅ。
二組ともとっても素敵な方たちばかりで、まだ結婚したばかりの御夫婦は、奥様が秋田県人でした~~、もう一組は40代の御夫婦でした~~。
一期一会ですね~~、お店の名前は一魚一会でしたけれどぅ。
食べ物もとってもおいしかったです。

夜風に吹かれながらホテルまでゆっくり歩いて帰りました。


本日仲間川・由布・竹富・石垣の夜・・・とたくさん歩きました、9366歩でした。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック