貴重な丹波の黒豆 & 青畑豆をいただきました &  おみ漬け  &  わらびの塩漬けを戻す

年末が近くなって、ダディのお友達のI T さんはご自分で収穫した貴重な丹波の黒豆と青畑豆をこんな風にして届けてくれました。
いつもながら本当にありがたく、拝むようなきもちですぅ。

同時に彼のこだわりについて、尊敬の念を抱かずにはおられません。

前回は不揃いのものだとお断りがつき、ジップロックに入ったものをいただきましたが、、なんのなんの、
煮て食べたら、おいしい<こく?>というか<まったりとした味>に、魅せられたものです。
お正月にあわせて、黒豆煮と数の子豆を作りましょう~~(*^。^*)


画像


年末には手打ち蕎麦を破格のお値段で10人前分けていただきます。
つゆと、だしをとった鰹節や昆布の佃煮付きです。
フアンが多く、大変な数を打っているようです。
これも我が家の楽しみになってしまいました。



青菜の葉っぱもI T さんからいただいたものですが。
おみ漬けもなくなったので、一本漬けしたものを一把分出してきて丁寧に2~3ミリに切って、干し大根を一本小口切りにして、ニンジンは生をカッターでけずって、またおみ漬けを作りました。
青菜は味がついていますので、だしつゆを30ccくらい入れて、はちみつを30cc入れてよくかき混ぜます。
タッパーに入れて、皿を重しにして、2~3日冷蔵庫に入れておくと食べられるでしょう~~。
その時その時適当に漬けております~~(~_~;)

画像



最後はわらびの塩漬けで、漬物を作ります。
春、採りたてのわらびをほだのみしごいてとり、大量の塩で漬けておきます。
わらびが見えないほどたくさんの塩で、わらびを何度かいただきますので、上に漬けたしていきます。
水分がたっぷり出て、かびずに年を越すことが出来ます。

今回は土曜日に集まりがありますので、そのために塩抜きしています。
茎の根の方を2センチくらいカットして、先の方も色が黒くなっていますので、2センチくらい切って、まん中からさらに切って、たっぷりの水で塩抜きします。
一日3回ほど取り替えると、次の日の夕方にはほぼ塩分が抜けます。

画像


しっかり水切りして、ジップロックに入れて、

だし汁30cc  ・  ゆず蜂蜜30cc ・ とうがらしカット2~3個  

混ぜ混ぜして冷蔵庫へ   一晩で食べられます。 


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック