あっという間に三が日  お寺へご年始に

さ~~もう本日は正月3日でござりまする~~ねぇ~~。
喰っちゃあ寝、喰っちゃあ~~寝ぇ~~、というほどでもごじゃりませぬが、そんな3が日が過ぎようとしておりますので・・・・。
心も新たに! 千歳山のお寺に新年のお参りに行ってきました。

画像



画像



ネットにこんな記述がありました。

山門

山形開城の祖、斯波兼頼公(足利時代延文年間)が建立せし霞城(山形城)の大手門(南門)である。最上義光公(戦国時代天正年間)が城堀を改造し石垣城とするに当り、旧城門に黒印六十石を付加し、當山へ寄進された門である。
山門上の額「千嵗山(歳は山冠)」は上杉鷹山公の師、細井平洲の筆。



画像

千歳山 萬松寺


千歳山萬松寺は今より1300年前に阿古耶姫が開基したといわれている。姫の父は藤原鎌足公の曽孫藤原豊充卿で、朝廷の命により陸奥に下って役命を務めておった。姫はこの地にきて生涯を終え、この萬松寺に葬られた(千歳山の山名はここに由来する)。

しばらくは近隣に住む衆の素朴な信仰の寺として存在していたが、幾年かの後に法相宗の行基菩薩が来錫し開山した。その後、天台宗の慈覚大師が来山し寺を開創した。後に禅宗の瑩山禅師の法孫が岩手の正法寺を開き、その正法寺三世清厳良浄禅師が曹洞宗萬松寺を開山した。

阿古耶姫と千歳山の松の精、名取太郎との悲恋物語と、歌枕としての阿古耶の松は、平家物語・今昔物語・古事談に記載され、名勝古跡として、あまりにも有名である。



ま~~歴史あるお寺ではございますが~~、我が家でなぜ遠く離れたこのお寺の檀家さんになったかと言いますと~~。

ダディの母君が存命中に、このお寺様が建っている高台の雰囲気が大変お気に召しまして・・・・。

それから間もなく他界してしまい(32年前)、愛する妻の言うとおりに父君がここにお墓を作ったのが
始まりでございます~~。そのひいじい(ダディの父)は10年前に旅立ちました。
二人仲良くこの菩提寺に眠っております。

そんなわけで・・・・お寺様は遠いんですぅ~~。
昨日は沢山の雪が降りましたので、お寺様もすっぽり雪に埋まっておりました。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年01月03日 21:36
新年おめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

ここも素晴らしいお寺さんですね。
今日は羽黒山を登って出羽三山神社参拝してきました。
石段があるはずですが、全て厚い雪で覆われていました。
暴風雪も行く手を阻むので、なかなかの難行でした。
2018年01月04日 11:37
降魔成道さん
あけましておめでとうございます~~。
今年も見せていただきます~。
新年早々すごいことですね。雪山でも出かけられるなんて、考えられないのですけれども~~。
このお寺は市内でも高いほうに位置しますので、雪も多いので、お墓は今年はスルーしました(おはずかしい)
どうぞお気を付けて。

この記事へのトラックバック