連休二日目・・・は、宮城県 鳴子(なるこ)温泉 へ  三日目は・・・HERO へ

連休二日目、朝食を済ませると、さ~今日は宮城県の鳴子温泉へ・・・ドライブ。

ここには、まだ、はいむも息子のかんちも小学生の頃、ダディの会社の課内旅行で、みんなが家族連れで約25年前、一泊どまりで出かけた思い出深い場所で~す。
人間の記憶などというものは、あいまいですね~

もう、老人の域に達しているのか、記憶にございません風景。
特に?ダディは記憶にないね~の連発でした。
しかし、道路にはめっぽう強いので、カーナビなしでも、この程度なら地図でも充分走れます。

山形から一旦北上し、新庄市へ。
途中の山形空港の東側の沿道には、むくげの花が今を盛りと、延々と続いて一見の価値ありですねえ~ 写真ぶれていました。
むくげのしろ・むくげのうすもも・むくげのもも・・・早口言葉にして、はまりました。
新庄から、宮城県へ向かって小国川沿いを東へ。
赤倉温泉を過ぎる頃、あたりに、蕎麦の花が一面に咲いた畑?田んぼ?が見える。
稲穂はすっかり黄金色!
山間の気候が蕎麦の実を育むのだろう。
画像

雨上がりの山には霧のような雲のような白いものが立ち込めている。

9・30分に家を出て、鳴子に着いたのは11・30分。
急に熱帯植物園があったのを思い出し、行こうよ~とダディを誘う。
ここで、皆で写真を撮ったっけね~
覚えていないなあ~  ええっつそう?
でもこの中のさぼてんちゃんを見たら思い出すから…

画像


うう~ん、思い出したというか、写真撮ったねえ。

画像

これ、こうもり蘭だって!!
すごいねえ~

中には、ブーゲンビレアの赤、白、桃や、最近はよく見聞きする植物が熱帯特有の葉や花を豊かに茂らせている。ゆっくりと見る。

次も前に見た、かんけつ泉がある場所へ。

画像


画像

説明のとおり、行ってすぐタイミングよく素晴らしい高さに吹き上げる。15メートル。


画像

すぐ横に足湯がある。
なかなかにぎやか。しばらく足を浸して楽しむ。結構熱いねえ~、水虫に利きそうねえ~などと話している。
ああ~~さっぱりしたねえ。

傍の食堂?で昼食。
笹に包んだ赤飯と山菜おこわが、すごくおいしかった!!
画像


さて、これからは、地獄谷の散策だよ。
木の板を敷きつめた遊歩道が続いている。
木陰が涼しいが、立ち込める湯煙は、蔵王温泉と同じ、強い硫黄の香り。

画像


地獄谷の紫地獄で、時々噴出するお湯が溜まったところで、温泉卵を作っている親子がいた。
画像


歩いている傍の岩の間からそちこちお湯が噴出している。

画像


時間をかけてゆっくりの散策はいいねえ~
紅葉の頃はなお良いだろうね。
鳴子の紅葉はきれいすぎて渋滞だよ!こんなには、のんびりできないよ、きっと。
温泉には入りたいけど、日帰りだからね、疲れる。

帰りは、古川へぬけて、仙台より高速で山形へ。
今回も思い出めぐりのような一日だったね。
一日のドライブは350キロ、家に着いてもまだ6・00でした。
今回はETC付けました。いいですね~ これからも。

さて、連休三日目・・・
午前中ゆっくり家のことをしたりしていて、急に、そう言えば、nobaraさんが言っていたHERO・・・!観に行く?いいねえ~と言う事になり、歩いてソラリス映画館へ。
目的の時間は、満員。次の時間を予約して、広場で、二時間半。
木陰のベンチで、のんびり二人で話したり、珈琲ショップでアイス珈琲をのんだり、あまり過ごした事の無い時間の過ごし方をした。
シルバーは二人で2000円!また来ようね~

映画の方は、テンポ良く大好きなキムタクを堪能しました。


画像<
         紫苑 ・ 花器・葡萄ツル籠 中にプラケースを入れて剣山を使っています

"連休二日目・・・は、宮城県 鳴子(なるこ)温泉 へ  三日目は・・・HERO へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント