我家の庭の ヤマボウシの実 ・ススキの花・ホトトギス & ママンのパッチワークは トートバック

                  庭のヤマボウシの実が真っ赤になっていました。

画像


                   ススキは花盛りです。
画像

                   
                    ホトトギスが咲き始めました。
画像




さて、ママンたちのパッチワークサークルは、来月10月17~21日まで山形芸文美術館5・6Fで開催される<OB芸術作品展>に参加し、約30点のタペストリーと20点の小物を出品します。

作品展全体では出品数が250点あまりで、絵画・書道・写真・伝統工芸・手芸・陶芸・俳句・パッチワークなど、多部門の作品が一同に介する中々見ごたえのあるもので、今回が2回目です。




ママンはここ数日、トートバックを作っていましたが、今日やっと完成しました。

前面にパッチワークキルトをして、そのほかは<柿渋染めの少し厚手の帯芯>を使っています。
(骨董市でお店を出しながら、寿三郎さんのような日本人形を作っているお兄ちゃんが自分で染めた布です)

厚手なので武骨になりやすく作りづらいのですが、色が古布のパッチワークにぴったり合います。
結構大きいサイズです。デパートの紙袋ぐらいあります。

画像

                    (   36センチ  ×  27センチ  ×  10センチ まち )

画像


裏地にはこの間栗の渋皮煮の汁で染めた帯芯を使ってみました。
ほんのりワイン色で、これまた古布にぴったり合うような気がします。
裏に携帯 ・ メモ帳 を入れるポッケも作りました。
画像





"我家の庭の ヤマボウシの実 ・ススキの花・ホトトギス & ママンのパッチワークは トートバック" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント