山形の料理  <ぬた餅 &  納豆餅> & ママンたちのパッチワークサークルの8月の例会

今年もダディのお友達たちの農園で採れただだ茶豆をたくさん分けていただきました。
一袋600円です。普通に買いますと1500円分くらいに相当するでしょう~~(^O^)
5袋お買い上げしまして一袋サービスしていただきました。

画像

早速一袋を茹でて食べました、甘くて香りが抜群です。
画像

さらに一袋を茹でてぬた餅にしました。
画像

豆が小さく、殻のさらに中の豆の皮が少し黒っぽいので取り除いて作るときれいなのですが・・・
しかし、この豆の皮が入ると香りや甘みが違うといいます。
豆を茹でて、殻を外し、すり鉢で6~7割ほどつぶします。この時、砂糖を入れながらつぶすと豆が飛びません。
少し甘いなぁっというくらい入れます、ほぼつぶしあがったら少量のみそを入れますと香りがいいですね~~。
この<ぬた>はナスを茹でたものにもまぶしてぬた和えにもできます。
画像


ぬた餅のほか、すりごまに沖縄黒砂糖の粉末と塩をまぜたゴマ餅や山形の名物<納豆餅>にしました。
納豆餅はねぎのみじん切りと鰹節と醤油で作ります。

画像

そして、我が家のトウキビです。甘くておいしい~~。


さ~ママンたちのパッチワークサークルの8月の例会が24日ありました。
今月一回目はは夏休みにしましたので7月以来1か月ぶりです。みなさん元気に出席。
一人ひとりの作品を貼りだしてみんなでアドバイス?!

ボーダーを決めるのにいろいろなアイディアが出ますので、まず本人の意見を聞いてから・・・。
みんなで参考意見を忌憚なく出し放題。・・・最終的には両者の意見を合致させます。
画像


前回、キルトのやり直しをみんなから提案されたISちゃんはやり直してほとんどのキルティングをやってきました。
とてもよくなったと皆さんからほめられておりました。
画像


新しいサンプラーをたくさん作ってきたMOちゃん、畳の上に並べてこれからどんなふうに数を増やしていったらいいか、意見を聞いていました。
画像


SIちゃんの大作が完成しました。250センチもありますので貼りだすのも大変なくらい大きい。
深い藍色の濃淡や緑の濃淡がすばらしい~~。
名前は?っと聞くとまだ未定・・・無題はどうかしらっというので、これだけ大きいものを作って無題はどうかしら~~っということになり、これからの命名が楽しみですね。

画像



だだ茶豆を譲ってほしいという方がいましたので2袋をほしい方で分けてもらいました。
また一袋を茹でて持っていきましたので、お茶置きに皆さんに食べていただきました。






"山形の料理  <ぬた餅 &  納豆餅> & ママンたちのパッチワークサークルの8月の例会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント